大岡政談・妖棋伝(前篇) 白蝋の仮面

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

亭保元年、徳川八代将軍宣下を間近に控えた或る夜のこと−−。浅草駒形の辺りで黒装束の男が将棋の駒銀将を残して事切れた。と、突然暗闇から蝋面がヌッと現われた。確かにそれは巷間を荒し廻る白蟻鬼だ。早速、南町奉行同心池上重造は意味ありげな銀将を持って与力青江俊之助と共に大岡越前守を訪れた。越前守は将棋名人伊藤宗印を招き事の委細を聴取したが、それによると、この駒は徳川家康公の秘宝で、銀将(山彦)四枚を握る者は巨大な権力と富を得るという。青江も又、黒装束の男が殺された夜札差下条元亀邸の将棋会で、銀将の一枚を狂人が持って現れたのを見た。その将棋会に集ったのは、怪人物元亀、水戸浪人陣馬一令、それに五代将軍綱吉の側室をつとめた謎の女性千住院など、いずれも新将軍に反対の諸侯を後楯にする陰謀家で、それに白蟻鬼も含めて、若し山彦の秘密を握ればどの様な大事件になるかわからない。その後青江は黒装束の男の義眼の奥から山彦の一枚を見つけたが、水戸家の藩邸から山彦の秘密書を持った密使が出たと知るや、池上と猿の伝次にそれを追わせた。そして、白蝋鬼の手下、元亀の腹臣なども交えての争奪戦の末手に入れた密書から、黒装束の男が山彦を探る幕府の隠密で、銀将四枚の底に書かれた地図こそ総ての秘密を解くものである事が判明した。一方、銀将一枚を狂人から手に入れた元亀と、やはり一枚を有する千住院は、青江の妹梢を人質にし、山彦の写しと交換を申出る。まんまと青江は騙されて毒酒を飲まされ、重造と梢も絶対絶命。しかも越前守の手文庫からは銀将二枚が白蝋鬼にぬすまれ、秘密を解いた元亀と千住院は上州山彦村へ出発した。


解説

“小説と読物”に掲載された角田喜久雄のデビュー作『妖棋伝』より、橋本忍(七人の侍)と鏡二郎が脚色し、「剣侠江戸紫」の並木鏡太郎が監督する新東宝時代劇で、撮影は「女の暦」の鈴木博、音楽は「若き血は燃えて」の小杉太一郎が夫々担当。出演者は「噂の女」の大谷友右衛門、「近世名勝負物語 黄金街の覇者」の堀雄二、「潜水艦ろ号 未だ浮上せず」の藤田進、今度親子で親和プロを創立した山田五十鈴と嵯峨三智子などである。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年08月10日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
四代目中村雀右衛門 (Nakamura Jakuemon IV)青江俊之助
堀雄二池上重造
沢村宗之助人形の佐吉
冬木京三猿の伝次
山田五十鈴 (Isuzu Yamada)千住院
瑳峨三智子
藤田進 (Susumu Fujita)大岡越前守
杉寛伊藤宗印
清水元百目重兵衛
殿山泰司 (Taiji Tonoyama)孫一
佐々木孝丸陣馬一令
河野弘沖文蔵
大谷友彦向山芳之助
清水将夫下条元亀
小林重四郎川上源吾
横山運平小出老人
今清水基二中山甚八
高松政雄相良四郎
中原謙二三好典膳
永井柳太郎門野伴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック