旗本退屈男 謎の百万両

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天下御免の三日月疵で有名な旗本退屈男、早乙女の殿さまはぶらりと江戸を発ち気まぐれの旅を上州街道へとやって来た。その主水の後になり先になりからんでくるのは、お色気たっぷりのお妻である。折柄、越後加納藩水久保甲斐守の家老山之部外記の一行がお国帰りの道中を、短銃で狙って仕損じた角兵衛獅子の姉弟田崎三穂と辰馬の二人を主水が救った。姉弟の父親は加納藩の家老であったが、お家乗っ取りを計る外記に暗殺され、而も城主甲斐守まで彼に毒薬を盛られ不具の身となっていたのだ。主水はこの姉弟を連れて越後へ乗りこむことにしたが、仇っぽいお妻は実は老中松平信濃守の秘命をうけて越後へ赴く幕府の女隠密だった。主水は道中師空ッ風の文吉を手なづけ、彼は得意の忍びにモノを云わせて外記一行の動静を探っていたが、或る日ふとした油断から三穂は外記の手に捕われた。越後に入った主水は、外記一行が佐渡の別荘に入ったとお妻から聞き、妨害の手を除けて城中へ乗りこんだ。その頃外記は美貌の冬姫を我がものとし、而も水久保家に伝わる宝石塔の黄金を手に入れようと、力づくで冬姫を汚そうとしていたが、折りよく忍びこんだ文吉の機転で冬姫は救われた。主水は翌晩月の出に宝石塔の鍵を外記に渡すようにと冬姫に策を授けた。その当夜、外記は冬姫の案内で宝石塔へやって来たが、待ち伏せした主水は三穂と辰馬の姉弟に首尾よく彼を討ちとらせた。三日月疵の腕の冴え、主水は苦戦する文吉やお妻を助け、城中の者を鮮かに斬り倒すのだった。その翌朝、別れを惜しむ人々に送られて、退屈男の殿さまは再びあてもない旅に出た。


解説

佐々木味津三の原作を「一本刀土俵入(1954)」の鈴木兵吾が脚色同じく佐々木康が監督する。撮影は「恋しぐれ 浅間の火祭」の三木滋人、音楽は「伝七捕物帖 刺青女難」の万城目正。出演者は「妖異忠臣蔵」の市川右太衛門、「女の暦」の轟夕起子、「恋しぐれ 浅間の火祭」の田代百合子、「放浪記(1954)」の星美智子、「関八州勢揃い」の澤村國太郎などである。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年08月31日より



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門早乙女主水之介
轟夕起子夕月のお妻
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)水久保甲斐守
星美智子水久保冬姫
薄田研二山之部外記
神田隆杉川喜兵次
清川荘司月の輪一学
原健策弟庄左衛門
田代百合子田崎三穂
松原毅弟辰馬
三井弘次空ッ風の文吉
河部五郎松平老中
大友富右衛門浄海和尚
島田伸茶店のおやじ
有馬宏治渡船場の主
内海突破矢頭仙八郎
山口勇狭川左衛門
近松龍太郎山之部家老僕
浅野光男同心の侍
吉田江利子花園屋のおかみ
双葉三津子花園屋の女中
丘郁夫旅篭の番頭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック