銭形平次捕物控 幽霊大名

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

銭形平次が初めて大名屋敷に手をつけた。辻斬りや婦女誘拐の元兇が三万八千石の大名金森頼錦の邸内に居るらしく、頼錦と瓜二つの幽霊が現われ、領民は悪政に苦しんで直訴を企てている事を知る。金森家では悪評を打消すため家宝の茶入れを将軍に献上しようとする。平次が手をつけると忽ちお静がさらわれた。探索を続けるうち、平次は黒頭巾の女に招き入れられる。女はお静の友達お村だった。彼女も金森家の人身御供にあげられ、今は村岡と名乗っていた。金森家の当主万之助は目が悪く病床にあったが、彼と双生児で若い時他家に養子となった千之助が瓜二つなのを幸い、悪僧曇海等と計って当主になりすまし、悪業の限りを尽していることが分る。献上の茶入は秘密の場所を書いた謎の書付だけで、金森家の両派がそれを探していた。平次は忠臣稲垣とその娘百合に助けられ、また悔悟した村岡の助力を得て、捕われたお静らを救い出すと共に茶入れを見つけて万之助に渡す。かくして千之助一派の悪事は破れ万之助の病気も全治に近く、金森家には再び明るい日が訪れた。


解説

新人弘津三男の第一回監督作品。脚色は「月よりの使者(1954)」の八住利雄、撮影には「花の白虎隊」の牧田行正が当った。主なる主演者は「鉄火奉行」の長谷川一夫、「花の白虎隊」の市川雷蔵、宝塚の神代錦、「二十四の瞳(1954)」の井川邦子、「日本の虎」の長谷川裕見子、「月よりの使者(1954)」の村田知英子、「君に誓いし」の柳永二郎、「嫁とよばれてまだ三月」の渡辺篤等で、新人中村玉緒がデビューする。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1954年09月29日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫銭形平次
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)金森千之助
市川雷蔵 (Raizo Ichikawa)金森万之助
神代錦村岡
井川邦子お静
長谷川裕見子百合
村田知栄子おえん
中村玉緒 (Nakamura Tamao)たより
渡辺篤八五郎
柳永二郎依田和泉守
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)笹野新三郎
香川良介稲垣小太郎
荒木忍堀田相模守
東良之助酒井左衛門尉
富田仲次郎曇海
大邦一公磯村平太夫
横山文彦金森登之丞
篠原隆儀助
藤川準酒屋のおやじ
芝田総二梅田孫右衛門
玉置一恵詩吟の武士
千葉敏郎検死の役人
村田美弥子お静の母
戸村昌子篠路
高原朝子おえん附腰元
小林加奈枝松江
金剛麗子茶店の姿さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック