三羽烏奮戦す

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

朝倉と松本と石川の三人は、小学校から大学まで一緒の旧友だが、就職は別々になった。松本と石川は東海ペイントに入社し朝倉は白水クリーニングに勤める事になった。朝倉は東海ペイントの試験に合格したのだが、母親を抱えてアルバイトで卒業した石川が補欠になったのを知り、秘かに入社を譲ってやったのである。三人が食事に行くハウザー軒の娘美代子を松本と石川が競い合っているが、実は彼女は朝倉を慕っているので話がもつれて来た。朝倉はふとした事で知合った東海ペイントの社長令嬢玲子の誕生日のパーティに呼ばれた。松本、石川の二人は当夜の世話役だが、玲子が朝倉に惹かれているのを見てがっかりする。然しもっと憤慨したのは貿易会社の青年社長植村だった。彼は特殊塗料のパテントを東海ペイントに譲る契約をして女社長水野一枝に取入り、玲子との結婚を望んでいたのだ。朝倉の兄が故郷から幼友達の田中米子をつれて上京し、朝倉の嫁にどうかと言出したので美代子は盛んに気を揉む。所が松本が米子と意気投合して婚約してしまった。朝倉は白水クリーニング社長杉浦から、素行の悪い息子徳之助のことを頼まれたが、徳之助は青木光江に子供を孕ませて捨ててしまい、その上玲子との結婚を取りもってくれといわれ、怒って社長に辞表を出した。植村は暴力団を使って朝倉を傷けようとしだが、誤って石川が彼等に袋叩きされる。そこへ青木光江が来て植村の悪企みを告げたので朝倉は危く石川を救出して入院させた。やがて植村も非を悟り、徳之助も心を入れかえて光江と結婚する事になり、朝倉は復職した。そして間もなく、朝倉と玲子、松本と米子、石川と美代子の三組の新婚夫婦ができ上った。


解説

「鉄仮面」の中山隆三が「青春三羽烏」の光畑碩郎と共同で脚本を書き、「“めでたい風景”より 新婚天気図」の穂積利昌が監督に当り、「昨日と明日の間」の西川亨が撮影する。主なる出演者は「えくぼ人生」の川喜多雄二、大木実、片山明彦、紙京子、「江戸の夕映」の草笛光子、「宮本武蔵(1954)」の三好栄子、「若旦那と踊子」の七浦弘子等。


配給松竹
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年11月17日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
川喜多雄二 (Yuji Kawakita)朝倉昭三
稲川忠完兄勝太郎
大木実松本金次郎
片山明彦石川進
草香田鶴子母とよ
坂本武細川甚助
紙京子娘美代子
三好栄子水野一枝
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)娘玲子
大宮敏植村和行
高屋朗寺田
柳家金語楼杉浦徳兵衛
水上令子妻益子
大坂志郎息子徳之助
御園裕子青木光江
七浦弘子田中米子
新島勉東海ペイント村井
井上正彦東海ペイント田口
青木富夫 (Tomio Aoki)受付係の社員
土田桂司関東ペイント緒方
長谷部朋香肉屋の若旦那
竹田法一アパートの管理人
前畑正美銀行の課長萩原
川村禾門薬学研究所員
戸川美子看護婦
林三重子女の子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック