残月一騎討ち

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

吉良上野介のために取潰しとなった浅野家の浪士たちは、続々と江戸に入りこんで来たらしい。伊丹という飲屋には、江戸前の女将お半のきっぷが気に入ったか、しきりと通う二人の武士があった。一人は赤穂浪士の来襲に備える清水一角、他の一人はその浪士の一人である赤垣源蔵である。源蔵はよく脇坂の家臣たる兄の塩山伊左衛門を、酒代の無心に訪ねた。妻のまきはこれを快く思わなかったが、塩山は源蔵を信じて彼の無心に応じてやった。女中のお杉という娘は、何時しか源蔵に心を寄せていた。ある夜源蔵は伊丹の店で再び一角に会い、険悪な空気が流れたが、分けて入ったお半が喀血したことから、二人は武士として心を結ばれ合った。お半の気持が源蔵に傾いているのを見抜くと、一角は潔よく身を退いた。源蔵は仇討ちに備えて、ある時吉良上野介の姿をうかゞったが、これ以来彼の身辺に刺客の眼が光り出した。それをくらますために源蔵は、連日お半の店で酔いしれた姿を見せる様になった。その姿を見たお杉の悲しみは大きかった。兄の伊左衛門もそれを知って怒った。源蔵はしかし顔をそむけつゝその本心を明さなかった。冬が来た。雪のしんしんと降る夜、義挙決行のことが知らされた。病いのために死んで行くお半をかき抱きつゝ、源蔵は二世を契り合った。そして一刻の間を、源蔵は兄を訪ねたが外出中で逢えず、兄の羽織を壁にかけて別れの盃を独りふくんだ。元禄十五年十二月十四日、同志四十七人は、大石内蔵助の采配の下に、吉良邸に討入った。今やそこに敵として一角と剣を交える源蔵であった。


解説

「忠臣蔵」の中の“徳利の別れ”の話から「死美人屋敷」の民門敏雄が脚本を執筆、「八百屋お七 ふり袖月夜」の松田定次が新人の松村昌治と共同で監督する。撮影は「八百屋お七 ふり袖月夜」の川崎新太郎、音楽は中原務の相当。出演者は「お坊主天狗」の大友柳太朗と喜多川千鶴、「継母」の田代百合子、「右門捕物帖 まぼろし変化」の月形竜之介、「からたちの花」の三島雅夫などである。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年11月30日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
大友柳太朗赤垣源蔵
月形龍之介清水一角
喜多川千鶴お半
三島雅夫塩山伊左衛門
松浦築枝おまき
田代百合子お杉
杉狂児市助
加賀邦男堀部安兵衛
津村礼司山本兵助
山内吾郎源次
和泉多衣子お梅
水野浩脇坂侯
山田光子長屋のお内儀
市川男女之助浅野内匠頭
高松錦之助吉良上野介
河部五郎大石内蔵助
富士光大石主税
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック