母千草

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

戦中のこと、夫が収賄罪で入獄した後、キミは幼い娘美津子を連れ歌を流して暮していた。夫の誠一は或る夜脱獄して姿を現したが、警官に追われて逃れた。キミは美津子を誠一の叔父房吉に預け、旅の一座に加って満州へ興行に出た。大戦は激烈となり、戦後は房吉もその日に困る生活となった。そこへ今は建築会社の社長となった誠一が訪れ、美津子を引取り、二人でキミの帰りを待つ。或日、舞鶴に帰ったキミから電報が来た。二人は早速かけつけ、長い労苦にふけたキミと抱合った。キミは一座の亀之助やお舟と再会を約して別れた。然し長い旅芸人の生活を経たキミは、派手な着物を着て仲間と酒を飲み、とかく世間から非難された。美津子の修学旅行について奈良へ行ったキミは他の父兄が「あんなお母さんでは美津子さんが可愛想だ」というのを聞き、大きな衝撃をうけた。彼女は旅行の途中から、娘の幸福を祈って姿を消し、再び旅芸人の仲間に加った。そして誠一や美津子がいくら願っても帰らなかった。こうして五年。美津子の結婚を知ったキミは式場の外から涙にぬれて見守っていたが、誠一にも新しい後妻の来たのを見て、彼等の幸せを祈りながら立去った。


解説

「四人の母」の松田昌一の脚本を「新しき天」と同じく、鈴木重吉が監督し、中川芳久が撮影する浪曲母もの映画。主なる出演者は「伊達騒動 母御殿」の三益愛子、「川のある下町の話」で大役をつとめる新人川上康子、「若い人たち」の信欣三、「にごりえ」の三津田健、「馬賊芸者」の白井玲子などである。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年12月15日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
浪曲構成
音楽
録音
照明
作詞

キャスト

俳優名役名
三益愛子武田キミ
長田一子キミの娘美津子(少女時代)
川上康子キミの娘美津子(娘時代)
信欣三キミの夫誠一
三津田健関根房吉
竹里光子房吉の妻咲子
梶恵子房吉の娘波江
春本富士夫 (Fhujio Harumoto)亀之助
坂口芙沙子お舟
町田博子酉子
白井玲子園田
大浜千鶴子藤村
響令子由紀
花村泰子はな
酒井清子とも
日高加月枝はる
平井岐代子沢田
岡村文子小林
津村雅弘小学校の先生
小原利之中学校の先生
黒岩美代子バスガール
小山内淳職人風の男
志保京助そばやの酔客A
高見貫そばやの酔客B
耕田久鯉子父兄会の人一
南方伸夫父兄会の人二
酒井三郎父兄会の人三
伊達正芝居小屋の老人
八木沢敏花婿
吉井莞象牧師
香住佐代子教会の中年婦人
伊丹秀子浪曲口演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック