水戸黄門漫遊記 闘犬崎の逆襲

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

黄門は助さん格さんにお蝶を連れ、讃岐高松に現れた。城主松平頼常は黄門の実子だが、意外にも領民が領主の悪口を云っているのを聞き、助さんと格さんに頼常を奪い取って来さした。頼常は百姓に姿を変え、一行と共に先代の墓参に仏生山へ行く。途中で茶店の老爺から、代官が修玄者玄斎と計り、堤防の人柱としてお咲という娘を連れ出したのを聞く。代官はお咲に言寄ってはねられ、父親まで水牢に入れる。お蝶は代官屋敷に乗込み、色仕掛けでお咲親子を救出す。山頂の寺で一行は士佐藩主山内豊茂に会う。彼は謀叛の疑いで松平家にお預けの身であるが、頼常はそれが家老円行寺の陰謀で豊茂は無罪である事を告白する。土佐への道中で、黄門は可愛い子供馬子新吉に会い、この少年が岩牢に捕れている忠臣天竺右近の子であるのを知る。其頃土佐の城下で毎夜化け猫が現れ、円行寺一味を悩ましたが、それは右近の弟子達の仕業だった。黄門はすぐ助さんを高松に走らせて豊茂と頼常を呼ばせ、右近の弟子山形と力を合せて右近を救出したが、黄門と新吉が捕われ、闘犬崎で死刑に処せられようとする。間一髪の所へ右近の仲間が斬込み、格さんとお蝶は十数頭の猛犬を卒いて乗りこむ。そこに豊茂と頼常も騎馬でかけつけ、悪漢一味はことごとく成敗された。


解説

「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」に次ぐ水戸黄門シリーズ。前作と同じく尾形十三雄の脚本を伊賀山正徳(継母)が監督し、杉田正二、高橋半が撮影、音楽を担当する。月形竜之介、明智三郎、加賀邦男、千原しのぶが前作と同じ役を演ずるほか、「残月一騎討ち」の喜多川千鶴、「忠臣蔵(1954)」の薄田研二、「母を尋ねて幾山河」の松島トモ子、新人夏木葉子などが出演する。


配給
制作国日本 (1954)
ジャンル 

1954年12月14日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
月形龍之介水戸光圀
明智十三郎佐々木助三郎
加賀邦男渥美格之進
千原しのぶ緋牡丹お蝶
沢田清松平讃岐守頼常
阿部九洲男鈴木権兵衛
横山エンタツ茶店の源爺
有馬宏治百姓勘助
夏木葉子勘助の娘お咲
吉田義夫石橋圧五郎
河部五郎山内土佐守豊茂
薄田研二円行寺祐国
飯田覚三配下楠目
仁礼功太郎配下白川
加藤正男配下高村
植木千恵幼君保之助
喜多川千鶴乳母八重乃
赤木春恵お局浪路
堀正夫天竺右近
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)高弟山形周平
水野浩下僕平左衛門
松島トモ子右近の子新吉
中野雅晴大工治助
泉春子化猫の化身
沢村源之丞死体になる女
尾上華丈 (Kajyo Onoe)安宿の亭主
山内八郎町人A
人見寛町人B
藤木錦之助町人C
時田一男高松の惣八
岸田一夫村人一
中野市女蔵村人二
森田肇村人三
大丸巖修験者玄信斎
美山黎子芸妓小奴
三神なつ子芸妓友江
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック