青春怪談(1955 阿部豊)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

合理主義者宇都宮慎一はケチな美男子で、若々しい母の蝶子と二人暮しである。芦野舞踊研究所のバレリーナ奥村千春も父の鉄也と二人暮しで、慎一と千春は結婚してもいいと思っている。千春はバレーの公演会に慎一母子を招待し、父と蝶子の見合いを企てる。蝶子は心たのしいが鉄也には一向通じない。慎一は渋谷で経営しているパチンコ屋を常連の芸者筆駒に売り、その金で有閑マダム船越トミ子と銀座にバーを共同経営しようとしているが、二人とも目的は慎一である。蝶子は口実を作り度々鉄也を訪問するが、時計の修繕が唯一の趣味の鉄也は迷惑するだけである。千春には研究所に新子という“妹”がいる。慎一はパチンコ屋の件で筆駒の旦那に感ちがいされ大怪我をし、その上バーの一室で千春と話している時トミ子が現われバーから閉め出された。千春は公演の主役に抜擢される事に決り張切るが、トミ子が慎一との仲を赤新聞に中傷させたので役を失う。一方千春の婚約を知り新子は怒る。ある日慎一は千春が女性でないと書いた手紙を受けとり、医者に相談するといろいろ思い当る節が多く、また千春も自分が女性である事を疑い始めるが、蝶子によって女性である事が証明される。トミ子のバーが密輸の本拠である事が暴露し、また慎一の結婚の話を聞くと筆駒は離れて行く。新子は喀血して入院し、見舞に来た千春と慎一に手紙を書いた事を告白する。千春と慎一は結婚を延期し、代って鉄也と蝶子が子供達の予定日に結婚することになった。


解説

獅子文六の原作から「一寸法師(1955)」の館岡謙之助が脚本を書き、「日本敗れず」の阿部豊が監督に当る。撮影は「一寸法師(1955)」の岩佐一泉。出演者は「一寸法師(1955)」の宇津井健、「俺も男さ」の安西郷子、「泉へのみち」の高峰三枝子、「女給」の上原謙、「麦笛」の越路吹雪、「俺も男さ」の筑紫あけみ、江畑絢子など。


配給
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年04月19日より



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
宇津井健 (Ken Utsui)宇都宮慎一
高峰三枝子母蝶子
安西郷子奥村千春
上原謙父鉄也
筑紫あけみ筆駒
越路吹雪船越トミ子
江畑絢子藤谷新子
千明みゆき芦野良子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック