喧嘩奉行

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

下総の国猿島神社に覆面の一団が押し入り、神主一の瀬藤次郎を毒殺、神殿の天井裏より名刀あかね丸を奪い去った。このあかね丸とは、三年前に当時下総の領主跡部家に上様拝領品として宝蔵されていたものが、不慮の盗難に遭い、その責めを負って当主秀友は切腹、お家断絶を招いた因縁の品であった。扨てその夜あかね丸を奪った覆面一味の前に、変幻出没の遠山の金さん、そしてお家再興の悲願成就を抱き、奇しくも殺害された神主藤次郎を伯父に持つ、亡き跡部秀友のかくし子駒太郎とその母お紺が立ち上ったのである。ところが暫くしてある日、居候の金さんに首ったけのお景の父親刀研師長左衛門が何者かに誘拐され、金さんはこれがあかね丸に関連のあることをかぎつけて調査に乗り出した。そして長左衛門は白翁屋敷に軟禁されていることを探り出した。白翁とは近年娘お美乃を大奥へ出して、今や飛ぶ鳥落す勢いの茶坊主上りの隠居である。この白翁一味こそ、あかね丸をめぐっての奸謀の巣に違いないと金さんは睨んだが、お景は父の身を案じて白翁屋敷へ乗り込んで捕えられ、駒太郎母子の命も危機にさらされていた。金さんこと遠山金四郎は、怒りにたぎって白翁屋敷を襲い、捕われた者を救い出し、あかね丸を取り返した。日改まって北町奉行によりあかね丸一件の吟味が行われ、吟味役の金四郎の裁きに、白翁は断罪に処せられた。駒太郎は跡部家再興を許され家督を継ぐことになった。


解説

「小説の泉」に連載された陣出達朗の小説から、「隼の魔王」の比佐芳武が脚本を書き、「大江戸千両囃子」の佐々木康が監督する。撮影は「春秋あばれ獅子」の三木滋人の担当。出演者は「血槍富士」の片岡千恵蔵、月形竜之介、「彦左と太助 俺は天下の御意見番」の片岡栄二郎、「越後獅子祭り やくざ若衆」の高千穂ひづる、「百面童子 四部作」の浦里はるみ、「恋天狗」の竜崎一郎などである。


配給東映
制作国日本 (1955)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1955年03月28日より



スタッフ

監督
脚本
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
片岡千恵蔵遠山金四郎
月形龍之介白翁
高千穂ひづるお景
浦里はるみお半
植木千恵お房
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)一ノ瀬駒太郎
原健策森肥後守
龍崎一郎松平和泉守
清川荘司剣持弥十郎
加賀邦男銀次
薄田研二間部山城守
渡辺篤権次
富久井一朗太十
香川良介久兵衛
河部五郎遠山景晋
水野浩跡部備中秀友
青柳竜太郎 (Ryutaro Aoyagi)長谷部小七郎
上代悠司一ノ瀬藤次郎
松浦築枝お紺
堀正夫矢部左近将監
月丘松子せき
大丸巌半介
中野市女蔵長井兵助
玉島愛造藤右衛門
波多野博黒木周馬
楠本健二猪股助右衛門
藤木錦之助前畑傅四郎
高松錦之助研師長左衛門
平佳子きみ
小金井修石堂平助
有馬宏治萩野新兵衛
国一太郎太平
浅野光男副使
遠山恭二佐山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック