つばくろ笠

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

はやての藤太郎と松川の半次郎はお神酒徳利と呼ばれる程仲が良かった。半次郎は茶屋扇屋の看板娘おせんに惚れ、茶屋はたごのたばね丹熊に追われたが、藤太郎は金を出して片をつけた。女と一諸に故郷へ帰りかたぎになれと藤太郎は半次郎との兄弟の縁を切ったが、おせんの心は藤太郎にあった。半次郎はやけになり、岩村の清五郎の家に草鞋を脱ぎ、藤太郎はその喧嘩相手の家に草鞋を脱いで了った。喧嘩場で藤太郎は清五郎を斬ったが突然背後から斬りつけられ、それと知らずに半次郎を倒して了った。半次郎は故郷信州高遠にいる盲目の母おのぶと妹おたかの身を頼んで死んだ。おせんは高遠へ向う藤太郎を追ったが彼は冷たく、同情したどろんの金介がおせんの道連れになった。高遠の町の紺屋松川屋を訪れた藤太郎は、おたかに一切を打ちあけたが、おたかは兄の帰りを待ちわびる母の為に藤太郎に兄の身代りとなる様に頼んだ。高遠の親分聖天の大五郎は松川屋を近づく祭礼の賭場にすることに決めた。祭礼の日、藤太郎を親分の仇と狙う岩村一家の政吉等は聖天一家に草鞋を脱ぎ協力を頼んだ。松川屋の賭場へ現れた大五郎は美しいおたかに目をつけ、祭りの足洗いの席へ無理に彼女を借りて行った。金介から大五郎の野心を聞いた藤太郎は、金介と共に大五郎の家へ殴り込んだがおたかは酔いつぶされ別宅へ移された後だった。おせんの報せでそれを知り、藤太郎は危いところで別宅に駈けつけ、おたかを救った。


解説

「風雲将棋谷(1955)」の比佐芳武が脚本を書き、「麝香屋敷」の田坂勝彦と牧田行正が夫々監督、撮影にあたる。出演者は「麝香屋敷」の長谷川一夫、「火の驀走」の山本富士子、「青春怪談(1955 市川崑)」の山根寿子、「長脇差大名」の黒川彌太郎のほかに三益愛子、加東大介、香川良介、進藤英太郎などである。


配給
制作国日本 (1955)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1955年05月15日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
長谷川一夫はやての藤太郎
山根寿子おせん
山本富士子 (Yamamoto Fujiko)おたか
三益愛子母のぶ
黒川弥太郎松川の半次郎
進藤英太郎聖天の大五郎
加東大介どろんの金介
杉山昌三九岩村の子分源太
香川良介新田の喜太郎
山路義人聖天の子分庄兵衛
山口勇丹熊
富田仲次郎岩村の子分政吉
羅門光三郎岩村の清五郎
原聖四郎聖天の子分松吉
大邦一公国家老平松十太夫
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック