のんき裁判

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

人気スター小林桂樹と高島忠夫は、裁判所の前で車を下りた途端にファンのサイン攻めにあって中に入れず、藤田裁判長は欠席裁判を始めたが、証人台に立ったウェイトレスの安西郷子も、舞妓の長谷川裕見子も二人の被告に首ったけである。田崎検事はその影響を憂慮しハート窃盗罪で死刑を求刑したが、暁弁護人の歌まじりの弁護よろしく刑を懲役九十八年六ヵ月と二時間にまけ、結局裁判長は端数を切捨て懲役二時間と判決を下した。次の被告は人気女優の丹下キヨ子で、世の女性が丹下の真似をして気が強くなるため、恐妻病禁止法十五条により告訴されたのである。笠置弁護人と丹下被告のブギ調よるしき応答に藤田裁判長は大河内裁判長と交代歌刑という新しい刑を下すことになった。撮影所に移動裁判に来た大河内裁判長と田中、堺両検事は折から撮影中の荒神山のセットを見て、時代逆行罪並びに不道徳行為罪にて告訴したが、三浦光子監督にピシャリと叱られて終る。その時花柳小菊と宇津井健のキッスシーンが展開され、堺検事はこれを完全な悩殺罪の現行犯だと二人を起訴した。証人席にズラリと並んだのは島崎雪子、角梨枝子、南風洋子、関千恵子等々。坊屋弁護人の無罪の主張に満場は湧いた。その翌日は森繁久彌の笑殺罪に対する世紀の公判で、弁護人柳家金語楼と検事との激しい応酬の後、森繁の愛妻香川京子の出現宜ろしく、大河内裁判長は被告も原告も全員新東宝撮影所に終身刑を命ずという判決を下したのである。


解説

ラジオ東京の連続番組を基とした森山喬の原案から、「森繁の新入社員」と同じく渡辺邦男と川内藤範が脚本を書き、渡辺邦男が監督する。撮影も同じく「森繁の新入社員」の渡辺孝で、音楽は「雪の炎」の松井八郎が担当する。出演者は新東室の八周年記念として「緋牡丹記」の藤田進、角梨枝子、和田孝、「右門捕物帖 献上博多人形」の大河内傳次郎、「皇太子の花嫁」の島崎雪子、高島忠夫、「大利根の対決」の花柳小菊、「青春怪談(1955 阿部豊)」の安西郷子、筑紫あけみ、宇建井健、「春色大盗伝」の南風洋子、「暁の合唱(1955)」の香川京子に、田崎潤、相馬千恵子、笠置シヅ子、暁テル子、小林桂樹、長谷川裕見子、関千恵子、花井蘭子、三浦光子などオール・スター・キャストである。


配給
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年04月24日より



スタッフ

監督
脚本
原案
製作総指揮
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
藤田進 (Susumu Fujita)裁判長
大河内傳次郎裁判長
田崎潤 (Jun Tazaki)検事
田中春男検事
堺駿二検事
相馬千恵子書記
中村彰書記
笠置シヅ子弁護人
暁テル子弁護人
柳家金語楼弁護人
坊屋三郎弁護人
久保菜穂子裁判長の娘
清川玉枝裁判長の細君
花岡菊子検事の細君
小林桂樹 (Keiju Kobayashi)被告
高島忠夫 (Tadao Takashima)被告
丹下キヨ子被告
花柳小菊被告
宇津井健 (Ken Utsui)被告
森繁久彌 (Hisaya Morisige)被告
安西郷子証人
長谷川裕見子証人
筑紫あけみ証人
島崎雪子証人
香川京子 (Kagawa Kyoko)証人
角梨枝子証人
南風洋子証人
関千恵子証人
若山富三郎 (Tomisaburo Wakayama)仁吉役者
花井蘭子お菊役者
小笠原弘長吉役者
三浦光子 (Mitsuko Miura)監督
和田孝助監督
鳥羽陽之助不明
阿部九洲男不明
江川宇礼雄 (Ureo Egawa)不明
美雪節子不明
三原葉子不明
加藤欣子不明
上原謙不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック