六人の暗殺者

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

慶応三年京都。土佐藩士伊吹武四郎は坂本竜馬の隠れ家近江屋へ行く道で、お伊勢詣りの途中京都へ寄った江戸の両替屋佐吉と娘お新に出会った。お新は武四郎を慕っていたが、すげなく別れて近江屋へつくと、坂本と中岡の二人は何者かに暗殺され、僅かに中岡の口から覆面の六人組の仕業と知った。武四郎は竜馬の復讐を誓った。暗殺者は新選組行きつけの料亭の庭下駄しか証拠がない。ある夜、見廻り組の土屋久之助が江戸へ立ったと知り、彼を疑う武四郎は急いで上京し、師勝麟太郎のもとで土屋と合ったが、血曇り一つない彼の刀を見て失望した。だがその夜薩摩邸に益満を訪れた武四郎は、同藩士花俣から犯人は新選組だといわれた。その頃江戸を荒しまわる御用盗におそわれ、佐吉は重傷を負って死んだ。武四郎は龍馬の仇を討つためお新を振りきって京へ上り、京の近くで謎の六人組の中の二人と会った。二人は僅かの金を貰って相手が誰とも知らずに暗殺に加ったのだ。怒りに燃えた武四郎は二人を斬り、新選組追討の官軍に参加し、江戸で捕われた近藤勇に会った。然し近藤は悠然として、竜馬暗殺は野望達成には手段を選ばぬ薩摩の仕業だといった。愕然とした彼を、その夜千住の土手で襲ったのは、竜馬暗殺の犯人、薩摩藩士花俣と森尾だった。武四郎は森尾を斬ったが、深手を負って川に落ち、折よく来合せたお新の家の婆やお民の弟多吉に救われた。お新の看護で傷ついた武四郎は花俣を探したが、彼は上野の戦争で戦死していた。時勢は変った。武四郎はお新と結婚し新聞を発行して薩長の藩閥政府を罵倒し、東京を追われた。土佐へ帰る途中、竜馬の墓前で、彼は目の見えない花俣と会った。花俣は上野の戦争で、竜馬暗殺の秘密を葬ろうとする味方に斬られたのだ。花俣の哀れな姿に、武四郎は「武器で仇を報ずる時代はすぎた」と刀をひいた。


解説

「男ありて」の菊島隆三の脚本を、「初姿丑松格子」と同じく新国劇の総出演によって、滝沢英輔が監督する。撮影は「越後獅子祭り やくざ若衆」の藤井春美。「大利根の対決」の島田正吾、辰巳柳太郎以下の新国劇員のほか、「青春怪談(1955 市川崑)」の滝沢修、「貝殻と花」の宮城野由美子、「青竜街の狼」の三島雅夫をはじめ、河野秋武、山形勲らが出演する。


配給日活
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年06月05日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
島田正吾 (Shogo Simada)伊吹武四郎
辰巳柳太郎花俣行蔵
宮城野由美子お新
滝沢修 (Osamu Takizawa)坂本龍馬
河野秋武中岡慎太郎
山形勲近藤勇
石山健二郎西郷吉之助
秋月正夫万屋佐吉
野村清一郎後藤象二郎
宮本曠二郎桂小五郎
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)益満休之助
笈川武夫土屋久之助
三島雅夫勝麟太郎
清水彰島本庄作
河村憲一郎小西十兵衛
郡司八郎森尾弥三七
小沢慶太郎北原勘六
久松喜世子居酒屋老婆
初瀬乙羽お民
大山克巳弟多吉
岡泰正近江屋新助
千早隆子女房きく
宮島誠龍馬の下男藤吉
外崎恵美子女将とき
藤代鮎子芸者牡丹
竹内洋子芸者光菊
対馬衣都美瓢亭の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック