母性日記

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

昭和十四年−−運輸省事務官武田俊吉は、偶々軍用上陸用舟艇の入札をめぐって発生した疑獄事件のため、局長岡部昌平の頼みでひとり責を負い、意を決して飛び降り自殺を遂げた。残された妻きよは、表面親切に面倒を見る岡部局長の下心を知るや、幼い子供達を抱えて家を出たが、頼って行った叔父も居ず、財布も失って暗い夜道で途方にくれた。しかし丁度通り合せた田村文子に救けられ、文子の世話で木更津の保育園に次男英二と長女節子を預け、俊一だけを手許にきよは生命保険の勧誘をして働いた。母と離れた生活の淋しさに、英二と節子は手を取合って東京へ向かったが、その途中寺島源吉に誘拐されて酷使された。寺島の育てた娘綾子はこの幼い二人の兄妹をかばってきよに居所を知らせるが、それを知って怒った寺島の投げた灰皿が因で火事となり、きよが駈けつけた時は濛々とした煙に包まれていた。歳月は流れ、長男俊一は造船技師に、長女節子は美しく成人して、髪に白いものを混えたきよと母子三人で楽しく暮していた。英二は花売娘由美をかばって奮った腕を元チャンピオンの小泉に認められ、ボクサーとなった。ところが銀座のボス菊地の魔手が伸び、反抗した英二は腕を刺されてリングを去った。一方きよは節子が岡部昌平の息子剛と仲が良いのを知って愕然とする。岡部は菊地を使って俊一の研究を狙い檻禁した。英二は母と共に俊一のもとに駈けつけたが、英二をかばったきよは菊地の兇弾に倒れた。岡部は剛の父の非を責める言葉に己が罪を悔い自首し、子供達に取り囲まれつつ、きよは静かに息をひきとった。


解説

「三羽烏奮戦す」の中山隆三のオリジナル・シナリオを、「螢草」と同じく佐々木啓祐が監督し鶴見正二が撮影する。出演者は「月に飛ぶ雁」の市川春代、「路傍の石(1955)」の菅佐原英一、小園蓉子、須賀不二夫、「この世の花」の片山明彦、「鉄腕巨人」の小畑やすし、「女給」の設楽幸嗣、「ここに泉あり」の増田順二のほか、諸角啓二郎、三井弘次など。


配給
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年06月15日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
増田順二武田俊吉
市川春代武田きよ
諸角啓二郎武田俊一
小畑やすし(子供時代)
菅佐原英一武田英二
設楽幸嗣(子供時代)
小園蓉子武田節子
五十嵐洋子(子供時代)
近衛敏明岡部昌平
片山明彦岡部剛
多々井雄二(子供時代)
稲川忠完高梨
森川まさみ田村文子
高橋とよ (Toyo Takahashi)西本百々代
山本多美保母宮崎
山路義人寺島源吉
水上令子寺島お芳
雪代敬子寺島綾子
三井弘次小泉誉志夫
須賀不二男菊地
草間百合子夏代
磯野秋雄佐久間
日守新一矢田
中川弘子由美
野々宮薫藤井幸子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック