春の夜の出来事

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

大財閥大内産業の社長大内郷太郎には十八歳の娘百合子がある。郷太郎は自分の傘下にあるくるみ製菓の懸賞募集に匿名で応募し、二等に当選して赤倉のグランドホテルへ招待されることになる。喜んだ郷太郎は社会研究のためにと貧乏人に身をやつし、心配する執事吉岡を社長に仕立てて、共に赤倉へ向う。二宮真一は大学卒業後職がなく、退屈しのぎに懸賞募集に応募して既に七回当選しているが、今度も一等に当選し、赤倉へ招待される。母のふさ江は息子自慢で、真一を赤ん坊あつかいにして可愛がっている。百合子は父の身を心配し、ホテルへ電話で当選者の素姓を知らせるが、マネージャーは真一を大富豪と思い、本物の郷太郎を邪魔者あつかいにする。吉岡はなれない社長暮しを命ぜられ、その上郷太郎の無軌道ぶりにはらはらするばかりである。百合子は伯母に化けた女中まつと父を追ってホテルへ行き、父と仲良しの真一に会い彼を恋して了う。何時の間にか真一が大富豪との噂が拡まり、石神夫人や山口マリ子を始めホテルの女客は真一に夢中になる。仮装舞踏会の夜、百合子は真一と石神夫人の仲を嫉妬するが、二人は初めて互に心の中を打ちあげる。帰京後、真一は郷太郎が大内産業の社長であることを知り驚くが、郷太郎は若い二人の心中を察し、真一を自分の会社に就職させる。


解説

尾崎浩の原案から河夢吉と中平康が共同で執筆した脚本を「生きとし生けるもの」の西川克巳が監督し、「おふくろ(1955)」の姫田真佐久が撮影にあたる。主なる出演者は「花のゆくえ」の若原雅夫、「青春怪談(1955 市川崑)」の芦川いづみ、「次郎長外伝 秋葉の火祭り」の三島耕、「亡命記」の伊藤雄之助、「湯の町椿」の東谷暎子など。


配給日活
制作国日本 (1955)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1955年06月14日より



スタッフ

監督
脚本
原案
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
若原雅夫大内郷太郎
芦川いづみ大内百合子
伊藤雄之助執事吉岡
東山千栄子女中頭まつ
三島耕二宮真一
夏川静江母ふさ江
汐見洋石神氏
宮城千賀子 (Chikako Miyagi)石神夫人
石黒達也山口氏
東谷暎子娘マリ子
岡田眞澄 (Masumi Okada)ボーイフレンド
黛敏郎 (Toshiro Mayuzumi)黛敏郎と称する男
清水一郎ホテル支配人
織田政雄ホテルフロント
左卜全源さん
山田禅二バーテン
弘松巖チーフウェイター
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック