銀座令嬢

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

塚田組の親分周作は昔ながらの侠客気質である。一人娘の麻耶子は女だてらに空手の名手、オトコのマア公と呼ばれているが仁侠の生活を嫌った彼女は、親友すみ子と相談の上、父の旧友だがやくざ嫌いの平和タクシー社長佐佐木の家に行き女運転手として働いた。或る夜北亜タクシーの悪運転手に脅迫されていた川島バレエ団の川島とバレリーナ瑞枝を救った。以来川島は麻耶子を愛するようになった。北亜タクシーには塚田と対立する井川組の息がかかっており、井川は平和タクシーを圧迫しだした。単身かけ合いに行った麻耶子は虜にされたが、塚田の乾分鉄に救われる。周作の第一の乾分だった謙が、この騒ぎの最中に復員して来たが以前と考えの変った謙は麻耶子と協力した。スチュワーデスに転職した麻耶子は同僚春子の弟新一郎が井川組の身内であるのを知る。新一郎はヒロポン中毒者なので、その将来を考えた謙は彼を警察に引渡した。謙は麻耶子や鉄や清吉とライスカレー屋を経営する事にしたが、井川組が新一郎の口から麻薬密売の発覚するのを恐れて春子を脅迫しているのを知り、麻耶子と井川組に乗りこんだ。井川の悪事は暴露されたが、謙と麻耶子も傷害罪に問われる。周作はライスカレー屋の主人に納まり、麻耶子は川島に仁義を切って瑞枝と川島が結婚するように勧め、そして自分は謙と将来を誓い、降りしきる雪の中を二人で警察へ自首した。


解説

『明星』連載の小説を「黒い罌粟」の池田忠雄が脚色し「喧嘩鴉」の堀内真直が監督、「三羽烏奮戦す」の西川享が撮影、「この広い空のどこかに」の木下忠司が音楽を担当する。主なる出演者は「伝七補物帖 黄金弁天」の月丘夢路、「お夏清十郎」の柳永二郎、「地獄の花束」の大木実、「この広い空のどこかに」の小林トシ子、「地獄への復讐」の浅茅しのぶ、「鉄仮面」の由美あづさ、新人仲原雅二らである。


配給
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年01月22日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
月丘夢路塚田摩耶子
柳永二郎父周作
大木実三村謙
仲原雅二川島進
小林トシ子園原瑞枝
浅茅しのぶ津田春子
由美あづさ山本すみ子
諸角啓二郎小川政之助
日守新一佐々木
三井弘次塚田組鉄
桂小金治塚田組清吉
山田真二新一郎(春子の弟)
桜むつ子とし子(小川の情婦)
磯野秋雄小川組中西
近衛敏明小川組辰
南郷佑児小川組大林
小林十九二パチンコ屋の主人
大宮敏航空会社人事課長
竹田法一留さん
草香田鶴子おしげ
稲川忠完北亜タクシー支配人
新島勉運転手阿部
手代木国男運転手山田
川村禾門平和タクシー運転手
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック