八州遊侠伝 白鷺三味線

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

旗本大岡源太郎は、道楽の三味線がとりもつ縁で美貌の娘お町と深く将来を契り合う仲だった。お町には秋山要助という浪人者がつきまとい、ある時、源太郎と秋山は待乳山で決闘したが、急を知ったお町が役人を呼んだために勝負をつけることができなかった。一方、源太郎の行跡を心配した叔父紀伊守は、下総飯岡で横暴を極める八州取締役出役大月忠馬の陰謀を探ってくることを命じた。源太郎はお町共々旅に出ようとしたが、叔父の家臣に妨げられた。扨、名も白鷺の源太と改めた源太郎が乗りこんで来た下総では、忠馬と組んだ博徒飯岡の助五郎一家が百姓町人をいじめ、忠馬は、助五郎と対立している笹川の繁蔵の妹お藤を妾にしようとして断られ、腹癒せを考えていた。この渦中に飛びこんだ源太郎は、お藤に因縁を吹っかけ、繁蔵の子分と喧嘩して助五郎一家の者の目にとまり助五郎の家に草鞋を脱ぐことになった。だがやがて、源太郎は忠馬に云い寄られているお藤を救ったことで、逆に助五郎達に怪しまれた。その頃お町は源太郎を追って繁蔵に身を休めて居り、又お町を追った秋山は忠馬の家に居た。助五郎一家が繁蔵一家に殴りこむ日、忠馬は、源太郎に年増女の情炎を燃やしているお藤をそそのかし、お町を小袖峠に向わせた。だがそこで見たものは秋山要助と源太郎の激しい一騎打ちだった。その頃利根の河原では、沈々たる静寂の中に飯岡、笹川両一家の戦機が刻々と迫っていた。


解説

雑誌『平凡』連載の村上元三の原作から「地獄への復讐」の鈴木兵吾と安田重夫が共同で脚色、「若き日は悲し」の岩間鶴夫が監督する。撮影は「伝七補物帖 黄金弁天」の片岡清、音楽は「この広い空のどこかに」の木下忠司の担当。出演者は「紋三郎の秀」の高田浩吉。「地獄の花束」の島崎雪子、「忠臣蔵(1954)」の淡島千景、「近松物語」の浪花千栄子、「喧嘩鴉」の近衛十四郎など。


配給松竹
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年01月09日より



キャスト

俳優名役名
高田浩吉大岡源太郎
島崎雪子お町
淡島千景 (Chikage Awashima)お藤
浪花千栄子お金
大津香澄お金の娘お千代
近衛十四郎秋山要助
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)笹川繁蔵
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)勢力富五郎
永田光男清滝の佐吉
伴淳三郎長六
柳永二郎飯岡助五郎
山路義人成田の甚蔵
北上弥太朗洲の崎の政吉
香川良介喜左衛門
若杉英二国定忠治
海江田譲二大岡紀伊守
加藤嘉大月忠馬
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック