七変化狸御殿

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

今宵満月の夜、夢と幻想の楽園狸の国では、若殿鼓太郎をはじめ城中あげての大仮装舞踏会が催されていた。さて近所の胡桃の森に住む可憐な胡桃売りのお花と間抜けなポン吉狸は、強欲な親方太郎兵衛に内緒で御殿へ行こうとして見つかり、胡桃を全部売って来る様に強いられた。仕方なく御殿で売り歩く中、浮かれたお花が歌い出し、これが若殿の気に召して、仮装舞踏会の飛び入り第一位に選ばれ褒美に駒鳥の籠をもらった。この狸の国に隣接する蝙蝠谷に闇右衛門を頭とする悪棘な蝙蝠族が棲んでいた。彼等はかねがね放射能雨に悩まされていたため娘のお誘を仮装舞踏会へ乗りこませ、雨を防ぐ狸王国の守り本尊照照大明神を奪わせようと企んだが失敗し、今度は若殿を人質にしようと考えた。一方お花の貰って来た駒鳥を見た親方は、それを奪おうとしたが、お花は必死に抵抗して逃してやった。怒った親方から難題を吹っかけられ弱っているところへ森の精がやって来て、駒鳥を助けた褒美にお花を救ってくれた。一日胡桃の森を訪れた鼓太郎は、突如蝙蝠族におそわれ、危機は脱したが、傷ついたところをお花に救われた。鼓太郎はお花の看護で快復し、今では彼女に結婚を申込むのだった。しかし若殿は蝙蝠族の奸計にさらわれ、ビン詰にされてしまった。お花は森の精や駒鳥や次郎長や石松の援助を得て、諸国でも辛苦の旅をして、ビンの妖術を破る長崎の曼珠沙華の花と土蜘蛛峠三角岩の溜り水と白珊瑚の賽とを手に入れ、遂に若殿を助けることができた。蝙蝠一族は滅ぼされ、森のボス太郎兵衛は追放され、胡桃の森には平和が訪れた。狸御殿には鼓太郎とお花の美しい花婿、花嫁姿が見られた。


解説

「伝七補物帖 黄金弁天」の柳川真一、「怪猫腰抜け大騒動」の中田竜雄、「最後の江戸ッ子」の森田龍男の三人が共同で脚本を書き、「忠臣蔵(1954)」の大曾根辰夫が監督に当る。撮影は「忠臣蔵(1954)」の石本秀雄、音楽は「名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第一部」の万城目正の担当である。出演者は「お夏清十郎」の美空ひばり、「孝子五郎正宗」の宮城千賀子、「地獄への復讐」の淡路恵子、「浮かれ狐千本桜」の伴淳三郎、堺駿二、「忠次外伝 火の車お万」の広沢虎造、「地獄の花束」の有島一郎、「満月狸ばやし」の川田晴久などの外、高田浩吉、奈良光枝、フランキー堺等が特別出演する。


配給松竹
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年12月29日より



キャスト

俳優名役名
美空ひばり (Misora Hibari)お花
宮城千賀子 (Chikako Miyagi)鼓太郎
野沢英一狸千代
堺駿二ポン吉
山路義人太郎兵衛
有島一郎闇右衛門
淡路恵子 (Awaji Keiko)お誘
渡辺篤傘造
伴淳三郎ロマノフ
川田晴久 (Haruhisa Kawada)都鳥吉兵衛
広沢虎造森の石松
近衛十四郎清水次郎長
秋月恵美子小妖精A
芦原千津子小妖精B
五九童喧嘩夫婦
蝶子喧嘩夫婦
フランキー堺 (Franky Sakai)ジャズ狸
奈良光枝歌う狸
高田浩吉森の精
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック