悪太郎売出す

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

日照り続きで旱魃に悩む、街道筋に、百姓がいやで馬方稼業という仙太がいた。父の与平が、江戸から流れてきた莫連女お富を家に引き入れてから、仙太はぐれ出したのだ。ある日、お客に拾った風来坊の浪人十河十兵衛の腕前を見て、かねがね剣と仁義の世界にあこがれる仙太の思いは、いやがうえにも昂まった。十兵衛を顔役百々村の紋二の家へ送ったあとで居酒屋、「ふか七」のノレンを潜った仙太郎は、御用米取り立てにきた役人平助と、もう一人の顔役島村の利三郎が役人風を吹かせているのでケンカを売るが、たちまちノサレてしまった。あくる日は年に一度の村祭だ。仙太は野天バクチで大儲けをしたうえ、「ふか七」の看板娘お町と恋を囁き合った。一方、はからずも鎮守の境内で出合った平助とお富は江戸でのくされ縁をむし返したらしい。その夜明け、盆割りのことから百々村一家と島村一家の間にケンカが起り、仙太は百々村の子分に加えてもらい大奮戦。それが与平に知れて勘当されてしまった。その頃深刻な旱魃に百姓たちは代官所に嘆願するが、与平は牢にぶち込まれ、お富は平助をわが家へ引き入れた。妹お里の報らせに、さすがの仙太もシュンとなった。折も折、百々村一家は島村一家に殴り込みをかけ、ひょんなことから仙太は利三郎の首をあげた。一躍英雄に祭りあげられた仙太は「今度は代官所をやっつけるのだ」と意気込むが、権力に屈した百々村一家と代官所のなれ合いから、仙太のもとへは冷たい骸となった与平が返され、しかも兇刀が迫った。十兵衛は仙太を救い、やくざの下らなさを説くが、仙太は「どこかに立派な大親分がいるにちがいない」と走り去るのだった。


解説

役人と悪親分の不正横暴に挑戦する若い馬子の活動を描く。昭和二十一年に死んだ伊丹万作が昭和十年に発表したシナリオ「忠次売出す」より「振袖剣法」の八尋不二が脚色し、「天下を狙う美少年」の荒井良平が監督、「踊り子行状記」の武田千吉郎が撮影を担当した。主なる出演者は「かんかん虫は唄う」の勝新太郎、三益愛子、「綱渡り見世物侍」の阿井美千子、「身代り紋三 地獄屋敷」の黒川弥太郎、「柔道開眼」、の市川小太夫など。


配給
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年10月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
勝新太郎 (Shintaro Katsu)仙太
三田登喜子妹お里
阿井美千子お町
黒川弥太郎十河十兵衛
村田知栄子お富
十朱久雄 (Hisao Toake)与平
南条新太郎千代松
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)千葉権太夫
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)百々村紋二
荒木忍島村の利三郎
葛木香一作兵衛
尾上栄五郎沓掛の大五郎
大邦一公平本平助
百々木直御朱印の伝吉
玉置一恵総代甚兵衛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック