弾痕街

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

横浜港には荷主と労働者の間に介在して荷揚作業をやるいくつかの請負会社がある。五年前、この請負会社間の争いから人を刺して入獄した矢代隆二が刑期を終えて出て来た。彼は元の会社の前島組に行くが、彼のいない間に小頭になった風見から敵意をふくんだ扱いを受けた。隆二には弟の達夫があった。達夫は港の税関吏になっていた。達夫には恋人の信子があり結婚を間近にひかえていた。五年前隆二に父を刺された美代は今では父の後をついで滝井組の社長になっていた。美代は隆二とは知らず自動車事故がもとで彼と知り会い、思慕の情をいだくようになった。一方隆二は前島組が密輸をやっているのを知ったが仲間に入ろうとはしなかった。そんな隆二を風見は拳銃でおどし、無理に仲間に入れた揚句、仕事が終ると海中につき落して、あとから拳銃を射ちこんだ。だが死ななかった隆二は翌日前島組に現われ、退職金だといって十万円を持ち去った。彼はその半分を弟に結婚の費用だといって渡した。滝井組の若い者達は社長を刺した隆二を捕えてなぐった。それを止めた美代は隆二がいつかの青年だったのを知り頬を染めた。それが縁で隆二は滝井組で働くようになった。繁栄する滝井組を恨んだ前島組は、滝井組の積荷の強奪を計画してた。税関吏の達夫を拳銃でおどして誘拐し税関を通過した風見達は滝井組から積荷を奪って逃げた。それを知った隆二は風見達のトラックに飛びのった。すんでのことにトラック諸共海中に落されようとした兄弟は兄弟に同情した前島の子分の内応によって救われた。前島を海に射ち落した隆二は再び警官に引かれて行くのであった。


解説

「身代り紋三 地獄屋敷」の共同脚色者の一人松浦健郎が藤井浩明の原案に基いて脚本を書き、「母笛子笛」の斎村和彦が監督、「誘拐魔」の宗川信夫が撮影を担当した。主なる出演者は「珠はくだけず」の菅原謙二、三田隆、川上康子、「誘拐魔」の品川隆二、「ブルーバ」の八潮悠子など。


配給大映
制作国日本 (1955)
ジャンル 

1955年12月28日より



スタッフ

監督
脚本
原案
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
菅原謙二矢代隆二
品川隆二矢代達夫
八潮悠子滝井美代
川上康子宮本信子
清水元石井
高松英郎 (Hideo Takamatsu)風見
三田隆前島
中条静夫留吉
穂高のり子お針子順子
千葉昌子お針子千恵
半谷光子お針子正子
有島圭子お針子君江
花布辰男レインコートの男
泉静治前島組の男一
隅田一男前島組の男二
守田学前島組の男三
杉森麟滝井組の男A
中田勉滝井組の男B
広川雅英滝井組の男C
宮島健一つりをする男
竹内哲郎税関ビルの守衛
狩野新税関監視所員甲
川島祥二税関監視所員乙
ジョー・オハラアパート管理人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック