旅がらす伊太郎

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

十年ぶりで故郷の土を踏んだ旅がらす伊太郎は、網元三の輪秀五郎の家に草鞋を脱いだ。秀五郎の女房おときは伊太郎の昔の恋人だが、今では秀五郎との間に太郎吉という子供がいる。秀五郎は隣りの宿場の顔役久瀬の熊吉が二足草鞋で勢力を張り出してからは押され気味で、その晩も熊吉は苫屋の鎌吉をおどかして放火させ、秀五郎は危く地曳き網を焼かれるところだった。あくる日、秀五郎の留守中に鎌吉はつかまったが、秀五郎の妹おちよの鎌吉に対する深い愛情を知った伊太郎とおときは、十年前の自分たちを思い出して二人を逃がしてやるのだった。ふらりと家を出た伊太郎は、亡父から店を譲り受けて港屋という居酒屋を営んでいる与平を訪ね、自分が飛び出したあと、おときが身を投げようとして秀五郎に助けられ、半年後に祝言をあげたことを知った。伊太郎は太郎吉が自分の子のように思えてならない。熊吉に呼び出しをかけられた秀五郎は港屋で危地に陥ったが、伊太郎や与平の気転で助かった。その帰途、伊太郎は秀五郎から、何もいわずに旅に出てくれといわれ、暗い気持だった。だが熊吉から喧嘩状を受け取った秀五郎は、伊太郎に、もし自分が死んだら、おときと太郎吉ぐるみ三の輪の跡目をついでくれと頼んだ。伊太郎はとめるおときを振り切って熊吉一家に殴り込みをかけ、与平と太郎吉の見ている前で熊吉らを斬り伏せた。秀五郎とおときが駈けつけたとき、すでに伊太郎は「太郎吉にはいいお父さんがいるから、安心して旅に出られる」といい残して、いずこともなく立ち去ったあとであった。


解説

「角帽三羽烏」の野村芳太郎が脚本監督を兼ね、同じく井上晴二が撮影を担当した。主なる出演者は、「早春」の高橋貞二、三井弘次、「大当り男一代」の北上弥太朗、「伝七捕物帖 花嫁小判」の草笛光子、「「少年宮本武蔵」より 晴姿稚児の剣法」の高野真二、「美貌の園 (前後篇)」の山本和子、東宝より松竹に移った紫千代(旧名紫千鶴)など。


配給松竹
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年03月04日より



スタッフ

監督
脚本
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
高橋貞二旅がらす伊太郎
北上弥太朗三の輪秀五郎
草笛光子 (Kusabue Mitsuko)女房おとき
服部博光子太郎吉
紫千代秀五郎妹おちよ
未永功乾分吃七
高野真二乾分苫屋の鎌吉
大邦一公乾分半次
ヤサカ俊夫乾分金三
高岡成計乾分松吉
三井弘次港屋亭主与平
谷鈴子港屋亭女おしの
山本和子伊太郎妹おいし
石黒達也久瀬の熊吉
磯野秋雄おしゃべり久六
生方功人斬り権三
藤間林太郎熊吉乾分浪人
永田光男熊吉乾分伝八
南道郎熊吉乾分又介
中田耕二熊吉乾分竹
滝隆二熊吉乾分留吉
毛利二郎熊吉乾分亀
浅岡嚢熊吉乾分権六
松井光三郎熊吉乾分孫平
南泰介熊吉乾分三太
玉島愛造茶店の爺さん
林君枝茶店の婆さん
大友富右衛門漁師頭吾市
田中敬介漁師多助
宮島安芸男漁師徳兵衛
高村俊郎おいしの亭主
服部君子港屋の女中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック