旗本退屈男 謎の幽霊船

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

慶長十四年、薩摩藩の属領となった琉球王国は、以来年に一度の貢ぎ船を送り、親睦を深めていた。今年も貢ぎ船が入港した。使者は数々の貢ぎ物を献上、尚貞王の病臥、王子芙佐丸の発狂を報告、王位継承の件まで具申に及ぼうとする。家老平田監物、大迫庄左衛門らの制止でその場で貢ぎ物披見の段取りとなったが、貢ぎ物の一つ大長持から白装束の女が飛び出す。使者は直ちにその女を斬った。だが女は監物にすがり、何事かを告げんとして息たえた。この薩摩に姿を見せた三日月傷のお殿様、人呼んで旗本退屈男、早乙女主水之介である。従うは横這いの円太、弥八、易者一徹に菊路など。幕府の命で薩摩、琉球の交流見聞が使命である。怪事件は相次いで発生する。王子の付人で監物の娘里枝の使者が毒の吹矢で射殺される。真相糾明に琉球へ渡る監物と大迫。退屈男も後を追う。琉球では在番奉行の行方不明、尚貞王の苦悶の情。山中で巫女のキトウを受ける王子と、王の一族阿麻和利の歓待に拘わらず、監物の疑惑は深まるばかり。一方、舞姫百踏の家に旅装を解いた退屈男。その夜、退屈男を、襲撃する怪人の一隊。一人を捕えて見れば阿麻和利一味である。かくて、退屈男七面八臂の活躍は、遂に王宮の悪者追討の挙となる。陣屋に捕われていた王子や里枝も救われた。だが哀れ里枝は深傷を負い世を去った。今は亡んだ阿麻和利一味の謀略から王子を守らんと、狂乱を装おわせたけなげさ。遠く去る琉球の島に手をかざし、亡き娘の面影を胸に秘める監物、その側には退屈男の姿があった。


解説

“旗本退屈男”シリーズ二十本記念にイーストマン東映カラー色彩で製作される佐々木味津三原作の映画化。南国琉球を舞台に王家乗っ取りの陰謀覆滅を描く。脚色は「三っ首塔」の比佐芳武。監督、撮影は「父子鷹」のコンビ松田定次と川崎新太郎。主な出演者は「父子鷹」の市川右太衛門、薄田研二、「満ちて来る潮」の高千穂ひづる、「忠治祭り 剣難街道」の田代百合子、「金語楼の兵隊さん」の横山エンタツ、「母子像」の山手弘など。


配給
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年07月12日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門早乙女主水之介
江原真二郎島津公
薄田研二平田監物
原健策大迫庄左衛門
藤川弘田代軍兵衛
舟津進高須長太夫
大野則彦池上新八
近松竜太郎桐原三十郎
河村満和高木弥十郎
矢奈木邦二郎岩村喜内
横山エンタツ横這いの円太
杉狂児弥八
渡辺篤風天堂一徹
伊東亮英吉兵衛
中野雅晴加那吉
山内八郎三太
人見寛勘八
田代百合子菊路
勝浦千浪百踏
水野浩長史
有馬宏治根路平
高千穂ひづる里枝
山手弘芙佐丸
三島雅夫尚貞王
進藤英太郎阿麻和利
上代悠司国吉伊都城
永田靖嘉手納幸之進
神田隆名護玄哲
小田部通麿手登根助八
百々木直島袋和好
富田仲次郎赤七
山形勲孫大人
東日出雄
中野文男
千石規子 (Noriko Sengoku)阿応理屋
津村礼司庄田隼人
吉井待子ちよ
団徳麿小禄
美山れい子まき
千津伶子はる
千舟しづかなみ
吉田江利子照間
島田秀夫若党
上野嗣彦留作
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック