三羽烏再会す

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

××新聞の新米記者竹田太郎は、かつて九重、斎藤と城南大学のラグビー三羽烏。久しぶりに喫茶店ロビンで、佐久間電気に勤める斎藤と、彼の恋人で社長令嬢の弓子に会う。二人が帰った後にやってきた西村千冬、千春の姉妹。竹田をラグビーの花形と知り千冬は万更でない。姉妹が我家に戻ると、履物店を営む昔気質の父親甚平は池内産業の顧問弁護士浅川と押問答中。浅川はデパート建設のため立退きを説くが甚平は応じない。看護婦の千冬は病院から池内産業の医務室に派遣されている。ところが社長金助の息子清一は太陽族のイカレポンチだが千冬に惚れこみ、折を見ては結婚を迫る。面倒臭くなった彼女は竹田を恋人と宣言し、清一は唖然。一方千春に惚れこんだ九重は彼女を獲得しようと猛運動。斎藤は、婿養子を希望する佐久間社長と対立、辞職を決意。清一は一策を案じ、仮病を使って千冬を太陽グループの溜り場の小料理屋に誘い出し彼女に迫る。千冬は危い処を竹田の手で救われる。西村履物店の立退期限は明後日、土建屋の竹松が凄んでいった後、甚平夫婦の表情は暗い。三羽烏は相談の上、斎藤が婿養子の件を受け入れることで抵当金二百万円を融通しようと計るが、打って変った斎藤の態度に憤慨した社長の拒絶でオジャン。遂に店は強制執行。竹松一味の仕業は千冬にフラれた清一の指し金と知った三羽烏は怒るが、思わぬことで清一らグループと大乱闘。竹田は清一のナイフに傷を負う。やがて九重の家に移った甚平一家に詫びを入れる金助、改めてデパートの名店街に看板を出してくれという。微笑み合う九重と千春。病院の一室では千冬の介抱を受ける竹田。斎藤も社長の誤解がとけ、弓子とめでたしとなる。


解説

ラジオ東京連続放送劇(TV)、小説倶楽部連載の北条誠原作“明日の花びら”を映画化した青春明朗喜劇。脚色は「晴れた日に」の柳井隆雄と「東京チャキチャキ娘」の中山隆三。「東京チャキチャキ娘」に次いで番匠義彰が監督、「緑なる人 (二部作)」の布戸章が撮影を担当した。「朱と緑」の大木実、「東京チャキチャキ娘」の川喜多雄二、「俺は死なない」の渡辺文雄が三羽烏を組んで主演するほか伴淳三郎、「俺は死なない」の杉田弘子、「祭に消えた男」の紙京子、「東京チャキチャキ娘」の藤乃高子、「茶の間の時計 愛情の波紋」の中川姿子などが出演する。


配給松竹
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年09月05日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
大木実竹田太郎
川喜多雄二 (Yuji Kawakita)九重俊彦
渡辺文雄斎藤駿
三笠朱実九重の婆や
水上令子斎藤の母
伴淳三郎西村甚平
沢村貞子西村とき
杉田弘子西村千冬
紙京子西村千春
日守新一佐久間
藤乃高子佐久間弓子
小林十九二田島老人
奈良真養池内金助
福岡正剛池内清一
稲川善一浅川
遠山文雄鮨長
手代木国男天六
佐藤三郎君島竹松
中川姿子ロビン春子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック