やくざ大名

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

処は花の吉原。高師直の菊人形の顔が、自分に生写しと猛り狂っているのは、隅田川一帯に悪名高い顔役佐倉屋勘五郎。尻馬に乗って子分らが暴れる中、現われた武州川越十八万石の後継松平五郎丸、人呼んで暴れ殿様。喧嘩対手に佐倉屋一家も散々のテイ、顔役日野屋文左衛門の仲裁も利かずアワヤという時、いま全盛のおいらん今紫の計らいで無事に収まる。屋敷に戻った五郎丸は、奥女中お米の部屋を訪れたのを老女藤の井にとがめられ、父大和守の怒りを買う。継母お八重の方や義弟秀千代のとりなしにも「俺は妾腹さ」と不貞くされ遂に勘当。お米共々、日野屋の居候に転げ込む。年に一度、隅田川一帯の船御用を定める船くらべ。佐倉屋は奸計で日野屋の娘お篠に素気なくされてヤケ気味の、日野屋漕ぎ手清吉を買収。当日は五郎丸が代役となり勝利も目前の時、佐倉屋一味の仕業で艪が折れる。今紫の手紙で総てを知った彼は、清吉の襟首とって佐倉屋に殴り込み、対手方の漕ぎ手二人の腕を叩ッ斬る。慰める日野屋に、心は日本晴れと語る五郎丸。継母の情けを知る故に、わざと身を持ちくずし、弟に家督をゆずった彼の真情。そうと知ったお米は自害、男泣きする五郎丸はやくざ姿で旅に出る。一方、大和守は病重く、家老兵部は秀千代に遊里を教え、お家横領を企む。そこに戻った五郎丸、今は刺青姿で名も大名五郎蔵。事は急、と兵部は大和守を毒殺、お八重の方と秀千代をも殺害しようと計るが、典医洪庵から毒殺の証拠を掴んだ五郎蔵は、今紫の急報で松平邸へ。日野屋一家の応援で一味を倒し、目出たしとなる。心尽しの公許お船御用手形を手に、秀千代一行を見送る五郎蔵の顔は明るい。


解説

「髑髏銭(1956)」についで市川右太衛門が久々に発表する股旅やくざもの。脚本は「御存じ快傑黒頭巾 神出鬼没」の小川正のオリジナル、監督は「曽我兄弟 富士の夜襲」の佐々木康、撮影は「流離の岸」の伊藤武夫。主な出演者は右太衛門のほか「曽我兄弟 富士の夜襲」の東千代之介、花柳小菊、「御存じ快傑黒頭巾 神出鬼没」の長谷川裕見子、「獅子丸一平 第四部・完結篇」の千原しのぶ、「旗本退屈男 謎の幽霊船」の勝浦千浪、その他薄田研二、進藤英太郎、渡辺篤、原健策、大映から羅門光三郎、久方振りの風見章子など。


配給東映
制作国日本 (1956)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1956年10月24日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門松平五郎丸
市川右太衛門大名五郎蔵
明石潮松平大和守
松浦築枝お八重の方
東千代之介 (Chiyonosuke Azuma)秀千代君
進藤英太郎松平兵部
堀正夫大道寺門馬
百々木直鬼道陣九郎
羅門光三郎大村新八郎
風見章子藤の井
長谷川裕見子お米
薄田研二日野屋文左衛門
千原しのぶお篠
原健策清吉
勝浦千浪巴屋小万
渡辺篤チョロ八
星十郎幇間一八
花柳小菊今紫
吉田義夫佐倉屋勘五郎
山口勇源三郎
五味勝雄六助
島田秀雄弥之
山内八郎平八
団徳麿角ッペ
香川良介水野左近将監
有馬宏治越後屋
伊東亮英洪庵
矢奈木邦二郎武藤長太夫
遠山恭二神谷兵五
吉田江利子新造お春
時田一男長吉
丘郁夫新吉
五月蘭子芸者お小夜
藤川弘市村三太夫
藤田哲二樋口左内
近松竜太郎桃井又四郎
国一太郎大石進
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック