われは海の子(1956)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

漁婦マキの夫は漁船の機関士だったが遭難に会い、浜辺に上ったのは愛用の麦藁帽子一つだけ。マキは一人息子の一郎を、夫を失った海へどうしても入れようとしなかった。だが母親の願いも、海に憧れる一郎の気持を消すことは出来ない。そうした一郎も、夏休みの或る日、魚の行商に汗水たらす母の姿を見る中、母の切願通りにしようと決心する。しかし仲間の誘いをことわって机に向ったものの、海の呼び声には勝てず、遂に家を飛出し、皆と一諸に小舟を操って、岬にある水産学校の練習船を見に出かける。遊び疲れた少年達の帰りは遅い。心配した村では篝火をたき、救援の船を出す。村に漕ぎ戻る船上、艪を使う一郎は、ありありと父の幻影を見、漕ぐ手にぐんぐん力が入る。村人の助力で子供等は無事帰還。かけ寄る母親に一郎は「父ちゃんに会ったぞ!」と叫ぶ。一郎の父は、海になお生きている。「もう海さ入んななんて言わねえぞ」というマキ。やがて船出の日、一郎は父の形身の帽子をふりながら、喜びと悲しみをこめて見送るマキを残し、海へと出て行った。


解説

黒潮洗う荒磯に父を海にうばわれ、なお海に生きる少年と母の物語。久藤達郎の戯曲から、「夜あけ朝あけ」の片岡薫と「石合戦」の村山亜土が共同で脚本執筆、「病妻物語 あやに愛しき」に次ぎ宇野重吉が監督する。撮影は荒牧正の担当。主人公の少年に劇団虹の橋の相良和文が扮するほか、赤木蘭子、滝沢修、高野由美、小夜福子、大町文夫、下元勉、宇野重吉など劇団民芸が総出演する。


配給日活
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年10月31日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
赤木蘭子中川マキ
相良和文中川一郎
宇野重吉 (Jukichi Uno)幻想の父
滝沢修 (Osamu Takizawa)前島浅吉
徳永街子前島伸子
冨田浩太郎杉山先生
中野孝治長谷川先生
大町文夫善介
高野由美スギ
小夜福子シゲ
佐々木すみ江イト
加藤土代子カネ
皆川よし子トキ
三崎千恵子 (Chieko Misaki)旅館の女将
田中敬子農婦A
岩崎ちえ農婦B
鈴木達雄健一
小神野和夫留吉
新井陽一伝兵衛
中西一夫チビ
野沢信義大平
下元勉漁夫
劇団ひまわり不明
若草不明
民芸水品研究所不明
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック