魔像(1956)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

西の丸書院番士に登用された旗本神尾喬之助は江戸小町といわれる園絵と華やかな結婚式をあげた。だが喬之助と園絵を張り合った番士与頭戸部の怨みは深く権力を笠に喬之助をいじめた。喬之助の同僚たる十七名の書院番士も、番頭脇坂を叔父にもつ戸部にへつらい、喬之助をいたぶる様には部外者の大岡越前守すら心を痛めた。遂に喬之助の怒りは爆発、喬之助は戸部を斬り十七名の番士の首に復讐を誓って姿を消した。ある日、十手を預る黒門町の壁辰のもとへ一人の職人が訪れた。喬之助である。壁辰は彼を捕えようとしたが、喬之助に同情する目明し音松と娘お妙の助言で彼をかくまうことにした。これを知った与力満谷は早速召捕りに現れたが、間一髪、音松が、茨右近なる浪人が喬之助と生写しであることを利用、人違いと言い張って難を救った。その右近は神田帯谷小路にお弦という女と住んでいた。喬之助は壁辰と右近の家を訪れたが顔を合せてびっくり、二人は瓜二つだった。右近は協力を約し、喬之助の復讐は始った。番士たちの首は次々と飛んだ。遂に決戦の日喬之助と右近は生き残りの番士十二人が喬之助暗殺を計画している席へ踏込んだ。乱闘の末、二人は十七番目の首を挙げた。と、そこへ越前守の命で音松と壁辰が十手をつきつけた。喬之助は今までの協力を感謝し自ら捕われようとしたが、音松は意外にも右近を捕えた。間もなく越前守の裁きが下されたが越前守は今回の一件は喬之助の偽者右近を捕えた捕手の失態と押し通し満谷は免職、右近は追放と決した。やがて街道に、町人姿の喬之助と園絵、右近とお弦の新生活へ出発する姿が見られた。


解説

幾たびか映画化された林不忘名作の映画化。喧嘩屋浪人茨右近と正義の復讐鬼神尾喬之助を大友柳太朗が二役で勤める。脚色は「獅子丸一平」の結束信二、監督は「御存じ快傑黒頭巾 神出鬼没」の深田金之助、撮影も同じく坪井誠があたる。主な出演者は、大友柳太朗を中心に、「獅子丸一平」の高千穂ひづる、「朱鞘罷り通る」の花柳小菊、千原しのぶ、「鞍馬天狗 白馬の密使」の月形龍之介、「新・平家物語 静と義経」の市川小太夫など。


配給東映
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年11月28日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
大友柳太朗神尾喬之助
大友柳太朗茨右近
高千穂ひづる園絵
月形龍之介大岡越前守
高松錦之助脇坂山城守
立松晃戸部近江之介
阿部九洲男大迫玄蕃
清川荘司横地半九郎
百々木直荒木陽一郎
富田仲次郎浅香慶之助
伊東亮英妙見勝三郎
堀正夫長岡頼母
近松竜太郎池上新太郎
河村満和山路重之進
原京市飯能主馬
加藤正男日向一学
藤川弘保利庄左衛門
遠山恭二博多弓之丞
近江雄二郎猪股小膳
香月凉二笠間甚八
陽田重利峰淵車之助
有島竜司矢作彦十郎
下川護松原源兵衛
藤木錦之助満谷剣之助
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)金山寺屋音松
荒木忍壁辰
千原しのぶお妙
花柳小菊知らずのお弦
富久井一朗勘太
小田部通麿神保造酒
木南研二天堂利根太郎
国一太郎鏡丹波
楠本健二春藤幾久馬
熊谷武筆屋幸兵衛
中野雅晴幸吉
高堂国典 (Kuninori Kodo)忠助
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック