拳銃を捨てろ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

青年技師草間は建築中の六階から墜落して死んだが、関係者からは過失死と届けられた。親友の柳は背後に何者かがいると睨む。帰京したジュン子は、兄の悲報を知らされ現場に駈けつけたが居合せた人々は死体すら見せなかった。お秀の店に呼び出された柳は、木所や社長の娘シキ子らから彼が下手人であるかの如く詰めよられたが、お秀の計いで裏口から逃れ、ジュン子のアパートへ急いだが、犯人追求を固く誓う二人の室は竹島によって鍵をかけられた。彼等の狙うものは、対数表に見せかけた草間の、不正工事と金塊の在り場を吐露したメモであった。ジュン子はお秀の許に身を隠し、柳は自動車に乗せられたが、隙をみて逃走した。メモはお秀が変装してアパートから持ち出した。柳は記者の石原に事情を説明し、単身シキ子に面会を求めると、それと知った一味は彼を巣窟におびき寄せて亡き者にしようとし、息詰る死闘となった。その頃お秀とジュン子の隠れ場所を知った竹島はジュン子を誘拐し地下室に幽閉した。上のホールでは蓮見の歓送会が行われていたが、虐待されるジュン子を見かねて木所、相馬らを殴り倒した彼も、やがて殺され、ジュン子は海岸のハウスに連行された。柳は闇夜、彼女の居所を探し当てたが、拳銃を構えたシキ子が立っていてメモを出せと迫った。その頃、石原の連絡によって周囲は警官隊が包囲していた。シキ子の拳銃を奪った柳は、彼女の父山下が自らの安全の為、満人を虐殺した現場写真を囮に有本に強請されていたと知るが、裏切りを知った有本は彼女を射殺した。ハウスは一味と警官隊の修羅場と化した。傷ついた柳は喘ぎながらジュン子を救った。螺旋階段を逃げる有本は蜂の巣の如く撃たれて真逆様に墜落して行った。


解説

“新潟日報”ほかに連載された久生十蘭原作“われらの仲間”より「母子像」の植草圭之助が脚色、「大学の石松」の小石栄一が監督するギャングもの。撮影は「夕日と拳銃」の藤井静。主な出演者は「母孔雀」の高倉健、田代百合子、「朱鞘罷り通る」の浦里はるみ、「鞍馬天狗 白馬の密使」の岡田英次、ほかに園ゆき子、高木二朗、加藤嘉、花澤徳衛など。


配給東映
制作国日本 (1956)
ジャンル 

1956年12月19日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
高倉健 (Ken Takakura)柳光
田代百合子草間ジュン子
斎藤紫香 (Shiko Saito)山下伝三郎
浦里はるみ山下シキ子
加藤嘉有本
岡田英次 (Eiji Okada)蓮見
岩城力相馬
花澤徳衛相川
高田博木所
山本麟一竹島
小野保八公
田川恒夫田川千代吉
園ゆき子加藤秀子
斎藤広高校生田中
辻口良保友人小島
杉本照友人A
山田玄人友人B
工藤政一友人C
井上千枝子母親
宮田悦子管理人の娘ふさ子
三保洋子相沢千恵子
芳川京子女給田岐
高木二朗新聞記者石原
林宏杉田
曾根秀介捜査課長
須藤健主任刑事武井
生信賢三支局員
高原秀麿刑事A
岩上瑛刑事B
北峰有二草間
片山滉鑑識課長
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック