山と川のある町

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

東北のある町。早川商会では主人の佐太郎と高校生の娘のぶ子が、病弱な母豊子のために女中として佐太郎の妾お直を入れるか入れないかで喧嘩の真最中。父に殴られたのぶ子は、ふらふらと学校へ行き宿直の八木敬助に家出してきたと云って驚かせる。敬助の同僚菅原の家では、おたま婆さんの嫁いじめに弱り抜いていた。妻のみね子は家を出ると騒いだが駈けつけた敬助の機転で思い留まる。代りに、おたまが早川家へ女中に住込んだが、おたまは敬助とみね子が怪しいと言出す。ある日、みね子は下宿先に敬助を訪ね、母ばかりか菅原までがのぶ子の家庭教師として早川家に厄介になり心苦しいと色々相談を持ちかけた。数日後のぶ子の級、三年A組では、菅原がのぶ子に試験問題を洩らしたと大騒ぎ。学生大会を開くと息まく吉沢や上村をなだめるのは、早川家にアルバイトする甲吉である。甲吉は菅原を信じていたが、改めて答案の件を尋ねた。菅原は感受性の強いのぶ子の誤解であること、また懸案の東京転任が実現したと語った。豊子に付添って温泉に行っていた、おたまは菅原と東京へ行くため町へ戻った。代りにお直が豊子の病気を心配し看護に駈けつけた。ところが、のぶ子は再び父と争う。やがて菅原の送別会が佐太郎の肝いりで開かれた。その帰り道、敬助はのぶ子と静かに接吻した。翌朝、早川家は豊子危篤の報に驚いた。佐太郎がのぶ子、敬助を伴って温泉へ着いた時、豊子は既に死んでいた。のぶ子の成長を希った母の遺言に、のぶ子は大声で泣いた。彼女は東京へ行く決心をした。そして寂しそうな父に「東京へ行ったら、お直さんを呼んでもいい」と明るく言うのであった。


解説

朝日新聞連載、石坂洋次郎の同名小説を映画化した青春篇。脚色は「あなた買います」の松山善三、監督は「現代の欲望」の丸山誠治、撮影は「アチャコ行状記 親馬鹿天国」の西垣六郎。主な出演者は「嵐(1956)」の雪村いづみ、「蜘蛛巣城」の志村喬、「若人の凱歌」の宝田明、「へそくり社員とワンマン社長 ワンマン社長純情す」の小泉博、「眠狂四郎無頼控」の津島恵子、「哀愁の街に霧が降る」の山田真二、ほかに花井蘭子、村田知英子、三好栄子、斎藤達雄など。


配給東宝
制作国日本 (1957)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1957年02月12日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
宝田明 (Akira Takarada)八木敬助
小泉博菅原正吾
津島恵子 (Keiko Tsushima)妻みね子
三好栄子母たま子
志村喬早川佐太郎
花井蘭子妻豊子
雪村いづみ娘のぶ子
山田真二田村甲吉
笠原健司学生上村
毒蝮三太夫学生吉沢
水原常春学生栗原
大前亘学生小野
上村幸之学生松田
鈴本豊明学生笹山
峯京子貝塚あさ子(女学生)
龍見俊子坂本ゆみ子(女学生)
米山元子鳴海さち子(女学生)
佐田豊番頭佐藤
榊田敬二支那そば屋の親爺
斎藤達雄 (Tatsuo Saitou)村山博士
山田巳之助老医師
村田知栄子お直さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック