旗本退屈男 謎の紅蓮塔

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

信州高遠藩では信州一の分限者手代木家から借りた三万両の返済に苦慮、遂に手代木の娘千代乃を側女として召し、借金を帳消しにしようと計る。だが登城の前日、千代乃は失踪、手代木家代々伝える財宝のありかも水の泡となり手代木五左衛門は困惑。揚句の果、江戸家老秋山主膳と相談し当時江戸に勢力を張る新興宗教の教組、神坂道節に内密で失せもの判断を頼む。道節の正体は由井正雪の遺児縫之助、織竜閣なる高塔を建立してその周囲に小谷大軒、福沢秀甫、平川鉄心斎など腹心の部下を集め、且つ将軍の生母桂昌院をも味方に引入れ、一大謀叛を企てているところ。道節は手代木家の財宝を軍資金にし、高遠藩を手玉にとろうと考え、一味の藤崎平九郎に命じ、お千賀という女を千代乃の身替りに仕立てようとした。そこへ乗出した旗本退屈男こと早乙女主水之介。琉球への旅から戻ったそこそこに、源八長屋の横這い円太、チビの弥八、吾妻家五楽らの聞込みから、道節の正体探りに全力をつくす。その頃、千代乃は浮浪児繁太郎と変装し主水之介の許へ難を避けて転り込む。退屈男の手が迫ると知った道節は桂昌院の権力を利用、彼に閉門を申しつける。だが源八長屋の買上げ強行で長屋の人気小僧三平を捕え、その母お栄を殺害するに至り退屈男の怒りは爆発。青竹で囲まれた門を破り、飛び出す。かくて火焔に包まれた緋竜閣上、正邪入り乱れての大乱闘。一味は主水之介の刃に伏し、塔に捕われていた千代乃も救われる。今は元の娘姿に戻った千代乃は、思慕の情も空しく主水之介の見送りを受け、街道筋を故郷へ向う。


解説

「任侠清水港」の比左芳武(脚本)、松田定次(監督)、川崎新太郎(撮影)のトリオが贈る佐々木味津三原作の旗本退屈男。主な出演者は「任侠清水港」の市川右太衛門、「大江戸喧嘩纏」の美空ひばり、「新諸国物語 七つの誓い・三部作」の月形龍之介、丘さとみ、「大江戸喧嘩纒」の薄田研二、「神変美女桜」の喜多川千鶴、「拳銃を捨てろ」の田代百合子、「やくざ大名」の勝浦千浪、ほかにエンタツ、香島ラッキー、木戸新太郎、渡辺篤、山形勲、加賀邦男、原健策など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1957年01月15日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門早乙女主水之介
田代百合子菊路
横山エンタツ横這いの円太
木戸新太郎チビの弥八
渡辺篤一年堂一徹
香島ラッキー吾妻家五楽
本松一成三平
喜多川千鶴お栄
時田一男駕篭屋の権次
伊豆五郎間太十
赤木春恵おかね
山形勲藤崎平九郎
丘さとみお千賀
月形龍之介神坂道節
尾上華丈 (Kajyo Onoe)道玄
吉田江利子玄秀
香川良介秋山主膳
有馬宏治柿原新十郎
富田仲次郎原口左内
上代悠司古垣半太夫
薄田研二手代木九左衛門
伊東亮英手代木五左衛門
美空ひばり (Misora Hibari)千代乃
大邦一公平川鉄心斎
楠本健二有村弥九郎
団徳麿片目の伝次
百々木直羅宇屋の久兵衛
水野浩戸田屋の清兵衛
勝浦千浪桂昌院
凰衣子松山
原健策堀田備後守
加賀邦男小谷大軒
小田部通麿中田左京
高松錦之助志賀藤左衛門
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック