警視庁物語 白昼魔

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

赤坂の某ナイトクラブ付近で高級車が盗まれ、持主の外国人が射殺された。警視庁捜査本部・長田部長刑事らの捜査の結果、犯人が撃ったのは消音拳銃で、乗捨てた車からシネスコ用8ミリ撮影機が持去られたことが判った。更に、高級車から血痰が発見され、犯人は結核患者と分り、8ミリ撮影機を売りに出したところを捕えることになった。そのうち大阪で盗品が売捌かれているとの情報を得、捜査本部の宮川刑事も犯人らしい男を大森のドライヴ・インに突止めた。また大阪で高級車窃盗団の一味らしい男が検挙され、本部から林刑事が急行した。宮川刑事の突止めた男は中川といったが彼は既に辞めたあとだった。しかし宮川刑事は、中川の女でソープランドに勤める花ちゃんを探しあて、中川は車の売捌き役、その仲間に8ミリ撮影機を持つ鉄村なる男がいることを知った。ところが、また某ホテル脇でキャデラックが盗まれる事件が起った。跡には血痰まで残されて。勢いづいた捜査陣は現像所に現われた8ミリ・フィルムの獲得に成功、影像の中に花ちゃんの姿と、その後に新型下着のファッション・ショウの情景を見出した。直ちに下着の注文先、西銀座の洋裁店が追求され、そこのゴミ箱からは結核の薬の空箱を発見した。折しも下阪した林刑事も中川を見つけ、その仲間が東京深川に潜伏中との情報を寄せてきた。警官の急襲で四人のギャングは捕えられた。しかも目指す鉄村は大森のドライブ・インに現れた。盗品のキャデラックに洋裁店のマダムと同乗、六郷鉄橋を走る鉄村を、宮川、金子両刑事が追った。追いつめられ車を捨てて海浜の棧橋を逃げつつも鉄村は無音拳銃で抵抗した。しかし、この時、運命の喀血が鉄村を見舞った。両刑事の前に彼は空しく倒れた。


解説

「警視庁物語 追跡七十三時間」に次ぐ“警視庁物語”シリーズの一篇である。第四話。「警視庁物語 追跡七十三時間」に続き長谷川公之のオリジナル・シナリオから関川秀雄が監督、福島宏が撮影を担当した。主な出演者は「警視庁物語 追跡七十三時間」の堀雄二、南原伸二、永田靖、須藤健、山本麟一の他「蜘蛛巣城」の木村功、「らくだの馬さん」の月丘千秋、他に小宮光江など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年02月19日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
永田靖捜査第一課長
神田隆捜査主任
堀雄二長田部長刑事
南原伸二宮川刑事
須藤健林刑事
山本麟一金子刑事
片山滉銃器技師
小塚十紀雄法医技師
生信賢三盗難現場の私服刑事
西家正晃盗難現場の制服警官
久保一大阪警視庁池本刑事
轟謙二大阪警視庁パトロールカーの警官
木村功鉄村八郎
潮健児運び屋中川
杉義一男A吉岡
日尾孝司男B
小野保男C
月丘千秋「イヴォンヌ」のマダム
北川功タクシイの運転手
高田博大林商会の支配人
石井都志子大林商会の女店員
戸田春子今川焼屋のおかみ
深山良枝今川焼屋のおかみの娘
芥川笑子ウェイトレス
山本いさむコックの進ちゃん
高橋京子 (Kyoko Takahashi)トルコ娘
小宮光江トルコ娘花ちゃん
南川直現像所の係官
ハロルド・ブランベック外国紳士
佐山二三子外国紳士の婚約女性
近衛秀子朝刊売りの婆さん
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック