海賊奉行

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

御法度の麻薬の魔手が将軍家大奥までのびていたことから事件は始まった。出所は長崎と判るが当の長崎奉行遠山左衛門尉も大元を掴めない。一方勘当中の金さんは偶然にも阿片運びの海賊船の一員となり長崎へ下る。船長「青竜の虎」が阿片密輸の主と知れても奉行所の動きはすぐに洩れて竜神丸を押えることができない。金さんは海賊仲間で名も鉄平と変えているが姐御のお峰は正体をどうやら見破っている。そんなお峰は金さんを連れ出し逃亡を企てるが金さん一人長崎の町へ出る。そして町娘お景の危機を救うが、お景の消えた「花月楼」に不審を抱く。竜神丸では漸く金さんをクサイとにらむようになる。数日後金さんは幼馴染の梶野麟太郎にめぐり合った。梶野は阿片患者の救済に一生をかける蘭学医、ぜひとも阿片の侵入を断ち切れと励ます。金さんは或る夜遂に「虎」と対決したが連発銃に射たれお峰と共に海中に消えるが、梶野の家に姿を現わす。事態は急迫し、梶野は阿片毒一掃のため、長崎奉行遠山左衛門尉は責を問われてそれぞれ江戸へ。そして狙いをつけた「花月楼」の五左衛門、お景親子も江戸へ発っていた。舞台は大詰近く江戸城の評定の間へ。左衛門尉は参考人「花月楼」五左衛門一味と対決したが挙証できず切腹となる。そこでお待兼ね鉄火の金四郎奉行の登場、双肌ぬいでの得意の啖呵を浴びせ、五左衛門、実は「青竜の虎」をきめつけ更に恐るべき企みを暴露する。世継の候補雪千代の生母萩の方を阿片で廃人にして自分の子を、と狙うお美和の方。そして天下を動かそうと大ばくちをうった男はお美和の方の伯父、幕閣の黒幕雪翁だったのだ。かくて、萩の方も梶野の懸命の治療に快癒した今は雪千代の世継はきまった。そして何も知らなかったお景を慰め、又どこかへ消えようとする金さんを追うお峰の姿があった。


解説

“小説の泉”連載の陣出達朗の原作を「駅馬車襲わる」の高岩肇が脚色、「魔像(1956)」の深田金之助が監督する、千恵蔵の遠山金さん海上篇。撮影は「恋染め浪人」の三木滋人が担当した。主な出演者は「任侠清水港」の片岡千恵蔵、「修羅時鳥」の田代百合子、「青雲の鬼」の長谷川裕見子、「恋染め浪人」の浦里はるみ、「暴れん坊街道」の薄田研二、進藤英太郎、「米」の山形勲。ほかに片岡栄二郎、有馬宏治、加賀邦男、入江たか子など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1957年02月25日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
片岡千恵蔵遠山金四郎
薄田研二遠山左衛門尉景晋
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)神並兵助
有馬宏治颯田半左衛門
香川良介跡部山城守
荒木忍稲葉能登守
進藤英太郎雪翁
加賀邦男梶野麟太郎
阿部九洲男高木団七兵衛
山形勲梅野五左衛門
田代百合子お景
長谷川裕見子お峰
浦里はるみお半
時田一男太十
伊東亮英茂八
吉田義夫狼の源太
尾上華丈 (Kajyo Onoe)辰造
山口勇伊太七
坂東秀彌 小吉
小田部通麿大沼権十郎
仁礼功太郎浪人中西
立松晃浪人吉沢
八汐路佳子萩の方
植木千恵雪千代
入江たか子お美和の方
美山れい子露野
梅沢昇医師道伯
小金井修野間庄三衛門
国一太郎船頭彌市
団徳麿小料理屋亭主
山田光子小料理屋女房
重本あき子花月楼仲居
河村満和奉行所の門番
藤木錦之助密偵
波多野博
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック