鳳城の花嫁

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

鳳城の若殿松平源太郎は三十歳の今日未だ独身。計画された嫁選びの宴にもそっぽを向くがそれでも父母や家老嘉門の心痛を察して自分の嫁は自分で探すとばかり家出する。道中、浪人の檜垣権九郎に路銀を作るためだと衣裳を古着に替えさせられ、上前をはねられたりして江戸へ出た。そしてひょんなことから豪商井筒屋の姉妹おきぬとおみつの危機を救いその夜は井筒屋に厄介になった翌日、姉妹を襲った旗本赤柄組の手先の三次が脅迫に来たのを追払うが到々同家に逗留を余儀なくされる。源太郎もおきぬと共に胸をトキメかしているある日、妹のおみつは姉のために語らいの場を作ってやるが口説の下手な源太郎は「私は章魚が嫌いだ」などと言出して折角の気分をぶちこわす。その頃鳳城では大殿が病床にふし源太郎探しに躍起となる。これを知った赤柄組は、おきぬが侍の妻を望んでいるのを利用し鳳城の若殿が彼女を所望していると井筒屋をだます。偽の使者は何と江戸へ流れついた浪人権九郎。さておみつは二人のため最後の橋渡しをするが源太郎は又ヘマをしておきぬを怒らし、彼女はおみつと共に赤柄組の駕篭にのってしまった。源太郎は悲歎にくれるがおきぬの相手が鳳城の若殿ときいて驚き赤柄組の計略と知ってとび出す。同じ頃、家老嘉門も源太郎の行方を追って井筒屋に現れ初めて真相が判る。赤柄組の邸で姉妹があわやという瞬間、血相変えた源太郎が駈けつけた。「おきぬは俺の妻だ!」言いきる彼に感激するおきぬ。権九郎も源太郎に加勢し忽ち赤柄組を斬倒して行く。そして−−必ず迎えにくる事を約束して嘉門らと共に鳳城へと帰って行った。


解説

「剣豪二刀流」の中山丈夫が脚本を執筆、「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の松田定次が監督する明朗時代劇。同じく「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の川崎新太郎が撮影を担当する。主な出演者は「恋染め浪人」の大友柳太朗、「海賊奉行」の長谷川裕見子、「喧嘩社員」の中原ひとみ、ほかに田崎潤、志村喬、薄田研二、進藤英太郎など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年04月02日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
大友柳太朗松平源太郎
三島雅夫松平安房守
松浦築枝松平安房守の奥方
薄田研二大島嘉門
田崎潤 (Jun Tazaki)桧垣権九郎
進藤英太郎長野五郎左衛門
加賀邦男秋山帯刀
神田隆大山軍太夫
大邦一公熊野主膳
楠本健二三好玄蕃
長谷川裕見子おきぬ
中原ひとみおみつ
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)清吉
志村喬井筒屋嘉兵衛
風見章子女房おしづ
原健策猿の三次
時田一男飲みこみの半助
東日出雄むささびの竹
明石潮太田兵助
杉狂児吾助
伊東亮英越前屋善兵衛
高松錦之助間宮一心斎
赤木春恵お浜
上代悠司雲助備州
陽田重利雲助藩州
田中しづ子妙姫
武照子美津姫
西辻利々子竹姫
美山れい子侍女楓
中村時之介劇中劇の立役
阪東秀弥劇中劇の女役
源八郎左内
島田秀雄髭奴角平
下川護髭奴嘉平
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック