次郎長意外伝 大暴れ三太郎笠

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

灰神楽の三太郎は初旅に見事大役を果し一躍男を上げる。そして休む間もなく、夫の仇を探す由貴路のたっての希望で次郎長親分に彼女の介添役を命ぜられた三太郎は、石松かたみのキセルを懐に由貴路とつれだって再び旅に出た。しかし同行の由貴路が実は彼に思いをよせるまりりんお紋の変装と気づいて大慌て、取残された由貴路を囲んで次郎長一家も大騒ぎ。彼女を連れに戻る三太郎は道端で大鼾をかいていた浪人をふんづけ白刃を抜く。が浪人は、拙者は鼾狂四郎、君らの探している女を見たから案内すると云う。が行った処は次の宿湯、由貴路はいるどころか、狂四郎は実は宿の客引だった。その時、中から金庫を子分にもたせ女将の手をふり払って出てきたのが次郎長の盃を貰ったばかりのけんちんの豚十。三太郎は即座に彼を謝罪させたが納らない豚十は用心棒に彼を斬れと命じ、あわやという時、駈けつけた由貴路の石礫に倒される。三太郎は次の日、芝居にでかけ煽情的な踊りに夢中になっている所を手裏剣が飛んでくるが、傍の由貴路がそれを次々と叩き落す。何も気づかぬ三太郎だが、かれんな娘お京がストリップの舞台に立たされると義侠心をおこして芝居をぶちこわしにかかる。そこへ宍戸不乱軒の鎖鎌がとぶ。三太郎が刀を巻かれて危いとき由貴路のカンザシが不乱軒を刺す。豚十は最後の手段に、槍の名人十時軍右衛門と計って三太郎をフロ場で刺し殺そうと彼の許へ使を出す。三太郎はお紋の止めるのもきかず男がすたると例のキセルをもって乗りこみ、これさえあればと風呂に入ってしまう。しかし何とそのキセルは石松かたみの品とは別のものだった……。


解説

「次郎長意外伝 灰神楽の三太郎」の続篇。スタッフは前篇と同じ。出演者は前篇に、千葉信男、森川信、有島一郎、河内桃子らが加わる。


配給東宝
制作国日本 (1957)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1957年03月05日より



スタッフ

監督
口演
脚色
原案
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
三木のり平灰神楽の三太郎
小堀明男清水の次郎長
本郷秀雄追分の三五郎
千葉信男鼾狂四郎
森川信けんちんの豚十
森繁久彌 (Hisaya Morisige)森の石松
有島一郎十時軍右衛門
打越正八宍戸不乱軒
丘寵児加倉井典膳
越路吹雪由貴路
中田康子まりりんお紋
河内桃子お京
宮田洋容熊ン八
由利徹雁九郎
八波むと志とろ八
南利明たこ七
一の宮あつ子おゆり
沢村いき雄芝居の裏方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック