源氏九郎颯爽記 濡れ髪二刀流

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

幕末、弘化元年。三島神社の武道奉納試合に家伝の名刀、火焔剣の真偽を試すべく道中を続ける江戸の剣客、大坪左源太は、幕府隠密刺客団、黒手組副隊長の仙藤鬼十郎一味に襲われた。一味の女賊お竜の吹矢に左源太は倒れるが、時に現れたのは源氏九郎と名乗る白づくめの美剣士。忽ち一味を撃退した九郎は左源太瀕死の頼みに、火焔剣をもって奉納試合へと行く。その頃、勤皇革新派の桜小路忠房と頼三樹三郎の一行も同じ火焔剣を追って道を進んでいたが、途中で左源太の死にあい、絶望。しかし九郎の美しさに立去りかねていたお竜から、火焔剣の行方を知る。一方、これも火焔剣と称せられる刀を持った備前邑久藩の早川要之進も試合の場へ急いでいたが、彼の後を追った許婚者織江は道中人足に騙され、危いところを源氏九郎に救われる。が九郎の持つ同じ火焔剣に織江は驚く。三島神社の試合は要之進の負けで終ったが折も折、宝物殿から水煙剣が盗まれた。奪ったのは磐城屋仁兵衛という盗賊と、その片腕狐小僧の二人だが、彼らは、その昔、義経の後見者、金売吉次の墓を暴いて古文書を発見、火焔、水煙両剣に刻まれた謎を解けば義経が残した財宝の所在が解ると知っていたのだ。ところが江戸へ帰って調べると、彼らの水煙剣は偽物と分った。仁兵衛は奉納試合の主催者、老中多田信濃守が盗んだと睨む。一方、桜小路も、朝廷の古文書で両剣の謎を知り、その財宝を倒幕の軍資金にしようと、九郎を追っていたのだが、ここに織江も許婚者の仇と九郎を狙っていた。しかし藤沢の寺で要之進の供養を営む九郎の姿に、心は妖しく狂った。江戸に入った九郎は、相変らず桜小路、仁兵衛、織江から狙われるが、そのうちお竜は九郎に魅かれ、仙藤を裏切って真の水煙剣を老中多田から奪ってくれる。が多田を狙う仁兵衛と鉢合せで水煙剣は横取りされる。仁兵衛は更に火焔剣を奪おうと娘お妙を使って九郎に毒酒を飲ませるが、お妙が九郎をかはったため遂に乱闘。一方、水煙剣を奪われた多田の支配する黒手組、はては桜小路一行らも、この機に両剣を奪おうと押寄せ、彼我入乱れての激戦。そのうち乱闘に巻込まれた織江も今は、すべてを九郎の味方になって、九郎を取り囲む敵の前に健気にも立ちはだかった。そのため彼女は斬られたが、九郎は遂に水煙剣を手に握ることができた。織江の、なきがらを抱き慟哭する源氏九郎こそ、九郎判官義経の末裔にほかならなかった。


解説

東映スコープ黒白版。『面白倶楽部』所載の柴田錬三郎の原作から「大名囃子 (前後篇)」の結束信二が脚本執筆、「恋染め浪人」の加藤泰が監督した時代劇。撮影は「花まつり男道中」の松井鴻。主演者は、「雨の花笠」の中村錦之助、「海賊奉行」の田代百合子、「暴れん坊街道」の千原しのぶ。その他、小沢栄、桂小金治、片岡栄二郎、清川荘司など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年04月16日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)源氏九郎
清川荘司大坪左源太
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)早川要之進
田代百合子織江
若水美子お妙
千原しのぶ放れ駒のお竜
桂小金治灰神楽の留吉
小沢栄太郎 (Eitaro Ozawa)多田信濃守
中村時之介幌延知内
羅門光三郎仙藤鬼十郎
楠本健二岸本六郎太
藤田哲二石切権八郎
智村清岡本嘉平次
森島欣也坂本弥造
佐々木孝丸磐城屋仁兵衛
三島雅夫狐小僧佐平
団徳麿海坊主の寅
大丸巖赤鮫の辰
中野市女蔵うつぼの鍵
藤川弘おろしやの貞
中村歌昇桜小路忠房
波島進頼三樹三郎
月形哲之介天谷十兵衛
沢田清服部善五郎
河村満和戸田彦次郎
星十郎松造
中野文男権六
石丸勝也豚松
水野浩老僧
明石潮神官
伊東亮英六助
赤木春恵おかね
平田光太郎吉村清左衛門
坂東秀弥忠兵衛
原もとめお弘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック