日米花嫁花婿入替取替合戦

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

世は正に神武以来の結婚ブーム。ここ蓬莱園の式場でも、純洋式の式場ではモーニング姿の松川大吉とウェディングドレス姿の沖山真理子が、純和風の式場では紅毛碧眼の異国人で紋付袴のジェームス・ホワイト・ベアと白無垢のリリー・パッカードがめでたく結ばれた。−−ところで真理子は全生活を合理的に処理しようと家の設備はオール電化、オートメマダムのチャキチャキで、夫たる大吉氏まことに味気ない新婚の日日をかこっている。真理子夫婦の洋風建築の隣の数寄屋造り純日本式家屋にジェームスとリリーが引越して来た。この東西両女房、趣味が全く正反対で、真理子のアメリカ式に対してリリーはみなこれ全て純和風。だから挨拶も、真理子は英語でしリリーは日本語でと変わっている。助からないのはいずれにせよ亭主族。ジェームスはリリーの日本趣味にすっかり音をあげて真理子夫婦を眺めながら、そのアメリカ式生活にすっかり郷愁をおこす。一方大吉は、リリー夫人の日本趣味にあこがれをもつようになる。あげくの果てが両家揃って夫婦げんか。まず養子の大吉が家を飛び出ると、一方リリーは風呂敷包みを下げてジェームスに一礼して家を出る。そして、この傷心の二人大吉とリリーは伊豆の温泉場の露天風呂近くで偶然出会ったが、そこへジェームスが来て二人の仲を疑い、果ては大吉と大乱闘。またそこへ真理子を連れた沖山社長が現われ、ジェームスを応援する真理子、大吉を応援するリリーをみて何事か決心するのであった。かくて沖山社長を中心に和服の大吉とリリー、洋装のジェームスと真理子が並んでみな晴れやかな顔付で記念写真をとる風景がみられた。


解説

日米二組の新婚夫婦をめぐる喜劇。湯浅金吾の原案から、「笑いの魔術師」の岡田豊が脚本を書き、「美男をめぐる十人の女」の曲谷守平が監督、「姫君剣法 謎の紫頭巾」の山中晋が撮影した。主演は、「ドライ夫人と亭主関白」の高島忠夫、「若君漫遊記 伏見稲荷の大仇討」の日比野恵子、御木本伸介、江川宇禮雄、「体当り殺人狂時代」のジョージ・ルイカー、大宮デン助など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年04月23日より



スタッフ

監督
脚本
原案
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
高島忠夫 (Tadao Takashima)松川大吉
日比野恵子沖山真理子
ジョージ・ルイカージェームス・ホワイト・ベア
ヘレン・ヒギンスリリー・パッカード
御木本伸介机三四郎
藤川洋子女房房子
大宮デン助沖山雄造
原知佐子女中お春
扇恵子女中純子
ジャック・アルテンバイチャタレー氏
菊地双三郎九味甲介
千葉信男マッサージ牧
石川冷お花の師匠
江川宇礼雄 (Ureo Egawa)マッキンレー氏
高島稔給仕
築地博小使
小林猛牧師
山田長正坊主
小倉繁写真屋
坊屋三郎披露宴の客男
宮田文子披露宴の客女
真木裕洋品店の店員
江畑絢子真理子の友人A
三重明子真理子の友人B
浜野桂子真理子の友人C
浅野雪子大吉の母お常
鳥羽恵美子沖山の妻貞子
西朱実女給A
美舟洋子女給B
川部守一蓬莱園の花婿A
芝田良子蓬莱園の花嫁A
山田美奈子蓬莱園の花嫁B
信夫英一宿屋の番頭
野崎善彦通訳
太田泰子宿屋の女中
字田勝哉サンドイッチマン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック