上方演芸 夢月城騒動記

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

十万石城主夢月糸之守の一人娘蝶々姫は、まったくのフラッパー、女だてらに剣術、馬術、狩猟に眼にあまる御所行。時に岡目藩の次男坊宗若君を花婿殿に迎えるに当り、事前に姫の耳に入れなかったからと大スネのスネ。城を脱け出して狩場で暴れまわっているうちに猪の鼻面にぶつかってひっくり返ったのを旅侍南都雄之進が助けた。一方、蝶々姫の気に入らぬ今度の縁談に、これをキッパリ断わり藩内の御前試合で優勝した若侍を、姫の婿君にしようということになる。ところが、悪臣原中九郎兵衛は家臣どもにワイロを贈り、息子八郎に晴れの栄冠を得させようと躍起になったが、いま一歩というところで蝶々姫が得意の剣術で八郎をコツン!……またまた城を飛出した姫は、九郎兵衛一味に追かけられるが、いつかの雄之進と、元夢月城の忠臣で浪人の島田広之介と共に大暴れして追払う。そこで取りあえず、広之介の浪宅、大阪のダルマ長屋に三人は落ち着くことになったが、そこの大家の娘お若が広之介の恋人で蝶々姫のことを弁解するのに広之介は懸命。悪臣一味は姫の後を追い大阪に来て、ダルマ長屋に住む大工A助といかけ屋B公をだまして姫の居場所を白状させてしまう。押し寄せた一味に、長屋総出の大奮闘で三人は無事とみえたが強い筈の雄之進が一味とは別の髭男三人組に掠われてしまった。今になってみれば、姫には愛しい雄之進。助けるために夢月城に戻ってみれば、待ち受けていた婚儀。今はこれまでと花嫁衣裳の蝶々姫が、沈んだ顔をソッと上げれば宗若君とは、忘れもせぬ南都雄之進その人ではないか。かくて、このコメディも目出度し、目出度し。


解説

NHKラジオに放送された秋田実の「上方演芸」を秋田自身が脚色、「ふり袖捕物帖 ちりめん駕篭」の松村昌治が監督、「若獅子大名・二部作」の杉田正二が撮影した娯楽篇。主演は「歌う弥次喜多 黄金道中」のミヤコ蝶々、南都雄二、島ひろし、ミス・ワカサ、それに夢路いとし、喜味こいし、秋田Aスケ、秋田Bスケの漫才界ヴェテラン。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年04月30日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
ミヤコ蝶々蝶々姫
南都雄二南都雄之進
夢路いとし夢月糸之守
喜味こいし君尾鯉右衛門
阿部九洲男原中九郎兵衛
中野雅晴原中八郎
妻紀一平大槻大造
伊東亮英山路源五郎
東日出雄早見十吾
矢奈木邦二郎丹羽嘉平
高松銀之助広井額兵衛
大丸巖伊吹助十郎
木南啓介山辺権六
加藤嘉熊田当八
島ひろし島田広之介
ミス・ワカサお若
富士乃章介善兵衛
秋田Aスケ大工のA助
秋田Bスケいかけ屋のB公
五条恵子お秀
花和幸助爺吾兵衛
三角八重婆おかね
岸田一夫嘉助
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック