命も恋も

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

伴大二郎は貴志実業でアルバイトをしている学生だが、古武道鹿島神流の達人。だがその人柄は貴志社長もぞっこん惚れこんでしまっているし、その男前は社長の一人娘多美子の胸に強く灼きついてしまった。だが、彼には神崎あいという相愛の女性がいる。彼女は病める母と二人きりの貧乏暮し。借金から悪ボス喜多川の手で芸妓に身を売られようとしているが、いつも危機一発のところを大二郎によって助けられる。その大二郎は、秋の恒例の武道試合に、鹿島神流とは宿命の決闘を繰返している真念流の荒巻竜太と雌雄を決することになっていた。ところが、あいにく魔手を伸ばしているボス喜多川一家と荒巻一門とは貴志実業の商売仇、大野田建設の上で結ばれていた。折りも折り大二郎は、炭鉱のストライキ解決のため北海道へ赴く社長のお伴を仰せつかったが、彼の働きで争議は無事に解決する。その男振りに山の飲み屋のマダムお千はぞっこんのぼせ上って、大二郎の後を追って東京に出て来てしまった。帰京した大二郎は、あいが留守中連れ去られ芸妓に出されたと聞き、大野田建設の宴会場に駈けつけ、弥助一家や荒巻竜太の妨害を却けて、好色の役人野々村事務官の毒牙から危機一発の彼女を救い出した。そして更に、あいの存在を知らない多美子が彼への求愛を却けられたため自棄になって竜太の魔手に凌辱されようとしているところをも助けた。彼に男の面目を潰された竜太は憤怒に燃え何としてでも大二郎をやつけようと誓った。試合の当日が来た。卑怯にも竜太は空手を使い、大二郎は苦戦だった。あい、多美子、お千は大二郎の勝利をそれぞれ必死に祈っていた。だがそれまで攻め立てられていた大二郎の必死の業が冴えて、見事彼は竜太の逆を固めた。試合が終って大二郎の胸に頬を寄せるあいの眼に、秋晴れの青い空が映っていた。


解説

日本古武道各流派の闘いを描いた宮本旅人の原作を井田探が脚色、「暁の逃亡」の小杉勇が監督、「8時間の恐怖」の永塚一栄が撮影したアクション・ドラマ。主演は「マダム」の葉山良二、「「廓」より 無法一代」の芦川いづみを中心に天草四郎、香月美奈子、澤村國太郎、利根はる恵など。


配給日活
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年05月15日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集
武道指南
後援

キャスト

俳優名役名
葉山良二伴大二郎
天草四郎貴志剛太郎
原恵子貴志政江
香月美奈子貴志多美子
弘松三郎高山尚吉
南博之中村専務
四代目澤村國太郎 (Kunitaro Sawamura)国井広之
若草初子神崎よし
芦川いづみ神崎あい
利根はる恵お千
河野秋武荒巻竜軒
植村謙二郎荒巻竜太
長尾敏之助大城現平
久保晃喜多川弥助
雪岡純鏡丈太
高品格時雨の政
加原武門大野田
井東柳晴野々村
小林重四郎バクダン松
長谷川照容料亭の女将
真下治子北野正枝
山田禅二義一
玉村俊太郎伝吉
水谷謙之社員A
紀原耕社員B
佐藤和子給仕
小泉郁之助井出
高野誠二郎大下
衣笠一夫門弟
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック