抜打ち浪人

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

正木弥九郎は、旗本二千石の祿を捨て、幕府の政道の不備を糺すべく大阪天満与力、大塩平八郎の許に身を寄せていた。しかし、平八郎らが倒幕の前捷として挙兵することに反対して、彼は再び師一丸一斎の教えを仰ぐべく江戸に戻って来た。だが、大塩平八郎の乱に驚愕した幕府によって、尊皇の漢学者一斎は伝馬町の獄につながれていた。弥九郎は単身一斎の救出を決意した。−−一方、彼には修業時代の友人の秋沢壮典がいたが、壮典は以前彼に試合で敗れたことから、その後剣を磨き真剣勝負で雪辱せんと待ち構えていた。彼は江戸で一先ず彼を慕う巾着切の三太と、その妹お静の長屋に身をかくした。彼を狙うものに壮典の外、俣野俊八郎がいた。俊八郎は、妻花代が以前彼と恋仲であったことに嫉妬しており、更に今では旗本八万騎を取締る評定所御目付役であったので、旗本を脱退して尊皇に走った彼を討たんと他の同志たちとその動静をうかがっていたのであった。一斎救出に動き廻っている弥九郎は一度ならず幕府の捕吏、俊八郎ら刺客団に取り囲まれたが、そのたびに一対一の決戦を望む壮典の助勢で危機を脱していた。また、ふと知り合った若い芸妓美代次、吉原の花魁桔梗も身を投げ打って彼の難を免れさせていた。だが、次第に幕府の捕吏や刺客団の力が加わってせっぱつまった弥九郎は、老中職を隠居の身とはいえ隠然たる勢力を持つ花代の父、森河近江守の許に行く。そこで一斎が磔刑に決ったと聞かされ愕然とした。その処刑の日、単身刑場に乗り込んだ彼は思いがけぬ近江守のさし向けた虚無僧の一団の助太刀で無事一斎を救出した。そして、その足で彼は壮典との一騎討ちに向った。激闘数合、剣鬼壮典は遂に弥九郎の白刃に倒れた。みつめる弥九郎の目には熱い涙が湧出ていた。


解説

柴田錬三郎の原作『抜打ち侍』を、「不良女学生」の佐伯清が脚色・監督、「大名囃子 (前後篇)」の伊藤武夫が撮影した時代劇。主演は「鳳城の花嫁」の大友柳太朗、「黄色いからす」の伊藤雄之助、「恋染め浪人」の花柳小菊、「不良女学生」の中原ひとみ、三条美紀。ほかに神田隆、柳氷二郎など。


配給東映
制作国日本 (1957)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1957年05月20日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
大友柳太朗正木弥九郎
伊藤雄之助秋沢壮典
加藤嘉俣野俊八郎
神田隆大塩平八郎
柳永二郎森河近江守
明石潮一丸一斎
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)字津木矩之允
津村礼司大井正一郎
松岡良樹安田図書
小金井修庄司義左衛門
石井一雄 (Kazuo Ishii)宮田進之助
伊東亮英浜村庄助
大文字秀介本多為三
須藤健岡ッ引皆次
星十郎三太
五味勝雄安立運十郎
近江雄二郎同心酒井
森田肇亭主喜兵衛
木南兵助船頭吉
藤田哲二浅田英二郎
川村満和警羅一
阿由葉秀郎警羅二
星美智子りつ
花柳小菊美代次
中原ひとみお静
三條美紀花代
山村邦子桔梗
松浦築枝かや乃
松風梨栄子おつげ
美鈴れい子小女
七条友里子姐や
吉野登洋子おくめ
太田優子おまつ
千舟しづかおたけ
磯部月江禿(かむろ)
安藤守彦虚無僧
竹原秀子新造
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック