「青春万歳」より 源平恋合戦

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

ある田舎町。男女共学の城北高校の生徒、義経こと曽根耕一と静御前こと三須弓子は、ともに秀才で大の仲好し。今日も同級の弁慶こと金森菊次と三人、通学の自転車を元気に走らせる。菊次はスポーツマンで勉強もできるが、神官の小野塚さんは、娘せつ子の婿に彼を望んでいる。が、せつ子は小学四年生だ。高校生の三人にとって最大の問題、受験シーズンが来た。が、菊次は家が貧しいので勉強しても張合いがない。しかし、かつて菊次に世話になった米倉すいが、御礼に自分が製糸工場で働く金で学費を出してやると申出た。ところが、すいを好きで相手にしてもらえぬ町のチンピラ正道は、二人の会っているところを仲間から聞き、これを“城北高校生の桃色事件”と岡目日報に書き立てた。だが清盛こと出川先生と小野塚氏の証言で無事、二人は白日の身となった。一方、弓子は東京から来た従兄とすっかり仲良くなり、耕一の嘆きをよそに、一緒に東京へ出て帰らない。菊次に慰められたものの耕一は、ある夜、家出してしまった。と、入違いに弓子が戻ってきた。話を聞いて弓子は愕然、皆と探した挙句、彼を見つけ、もとの仲良しに返った。いよいよ受験が近づいた。耕一の父、曽根氏は、菊次に、伜と一緒に東大を受験しないかと勧め、学費は自分が持つと申出た。菊次は独立独歩で進もうと誓っていたが小野塚氏の勧めもあり遂に受験を決心した。その学費は曽根氏と、せつ子の養子にと彼を望む小野塚氏が共同出資することになった。菊次と耕一は東大をパスした。が弓子は落ちた。入学のため二人は故郷を後に車中の人となった。その時、意外にも車内へ現れた女性−−洋裁学校へ入るため上京するという弓子であった。


解説

旺文社刊、高校時代連載で、放送劇としても文化放送など十三局から流された宮崎博史原作『青春万歳』の映画化。「新・己が罪」の杉本彰が脚色、「女競輪王」の小森白が監督した。撮影は「警察官」の西本正。主演は「明治天皇と日露大戦争」の高島忠夫、舟橋元、新人の大原譲二、「リングの王者 栄光の世界」の田原知佐子、「角帽と女子大三人娘」の久保菜穂子、「続サザエさん」の松島トモ子。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年06月11日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
高島忠夫 (Tadao Takashima)金森菊次(弁慶)
大原譲二曽根耕一(義経)
久保菜穂子三須弓子(静御前)
原知佐子米倉すい
千曲みどり日野千代子
舟橋元出川先生(清盛)
石山竜嗣小野塚神官
松島トモ子小野塚せつ子
小倉繁曽根賢造
浅野雪子曾根里子
鈴木信二金森菊太
五月藤江金森まつ
藤川洋子金森ふさ
南沢潤一新太郎
宮田文子園江
広瀬康治すいの父
若月輝夫米倉正道
倉橋宏明佐藤編集長
小森敏教頭先生
柿市安代お玉
山岡正義ハンチングの男
藤村昌子千代の母
万里昌子旅館の女中A
西朱実旅館の女中B
三宅実乾分A
菊川大二郎乾分B
野崎善彦乾分C
千葉徹甲田先生
日夏京子女の先生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック