船頭姉妹

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

娘船頭の姉妹、よし子とみつ子はこの潮来の名物で、とくにみつ子の歌はみんなに愛されていた。仲の良いこの姉妹にも、暗いかげがある。それは、父親の源次である。酒と賭博に身持ちをくずし、あげくの果ては人を殺して刑務所に入っているのだ。これを苦にして、母親の康子は身投げして死んでしまった。その源次が恩赦で刑務所から出てきた。人殺しの子と人にののしられて、日々を送って来たよし子にとって今更、源次を温く迎える気にはなれなかった。姉妹は、吉川老人の親身も及ばぬ世話を受けていたのだ。一方、帰って来た源次を迎えて、親分の金田は祝盃をあげたが、源次の心は何か満たされなかった。娘たちが、父である自分を避けているからだ。これも、吉川老人が裏でそそのかしているからだと誤解して、源次は老人を責めたが、かえってその口から、妻の康子の死因を聞き、はじめて自分の愚かな行為に目覚めるのだった。そして、前科者の自分がいるため、よし子が恋人の遊覧船の機関士洋一と結婚出来ないと知ると、悄然とタ闇の中へ消えて行った。妹娘のみつ子は、源次が自分の父親と知ると、父恋しさに小さな胸はふるえた。そんなある日、洋一の家に金田の子分たちが押しかけて、貸した金の返済を迫っていたが、そこへ源次が来合わせ、子分たちを追払った。逃げるように、そこを去ろうとする源次の前に、よし子とみつ子と洋一の母親の顔があった。−−花嫁をのせた船がゆく。見違える程美しいよし子だ。その横に吉川老人とみつ子が、そして櫓を漕ぐのは羽織袴の源次である。対岸には洋一の喜びにあふれた顔が見えてきた。


解説

「日清戦争風雲秘話 霧の街」の森田新と矢田四郎の共同脚本を、「さよなら港」の伊賀山正光が監督し、「少年探偵団 鉄塔の怪人」の福島宏が撮影を担当した。主な出演者は、「少年探偵団 鉄塔の怪人」の中村雅子、「雨の花笠」の松島トモ子、「地獄岬の復讐」の江原真二郎、「日清戦争風雲秘話 霧の街」の加藤嘉。ほかに月丘千秋、山形勲、コロムビアレコードの新進歌手、君和田民枝など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年07月02日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
加藤嘉松本源次
月丘千秋妻康子
中村雅子姉娘よし子
松島トモ子妹娘みつ子
江原真二郎田所洋一
英百合子母きよ
横山運平吉川老人
綿貫優吉川俊夫
山形勲金田杉五郎
中野かほる妻たつ子
長島隆一乾分勇三
曽根秀介乾分留
鶴実千子くみ
大川昌幸男の子A
益山輝夫男の子B
浜島芳子女の子
志摩栄船の客A
大野広高船の客B
不忍郷子船の客親
吉野玲子船の客子
牧野狂介吉川老人の長男
山本緑吉川老人の長男の妻
小杉義隆仲人
白河幸子仲人の妻
三重街竜乾分A
最上逸馬乾分B
河童六十四乾分C
清見淳乾分D
富士山竜乾分E
桜井浩子少女時代のよし子
牧田のぶ子少女時代のみつ子
君和田民枝村娘
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック