悪魔の顔

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

土地の顔役古島辰造と阿久津正武とは、「パール街」という繁華街の利権をめぐって鋭く対立しており、そのために善良な「パール街」の人たちはそのとばっちりを受けて、いつも泣かされていた。辰造の息子でG大の学生菊男は、父親の非道にたまらない嫌悪を感じていた。そんな菊男に、バア「ドリーム」の娘で幼馴染みの由利は愛情を感じていた。彼もまた、ひそかに由利を愛していた。それだけに、由利たちを暴力によって不当に苦しめる父親が、余計に堪えられないのであった。そんな或る日、またまた辰造と阿久津の小競り合いで、「パール街」の人々が迷惑を受けているのをみた菊男は、ついにたまりかねて弁護士の許を訪ね、自分が証人に立つから、父の非行を法廷に持出してくれと頼んだ。この話は直ぐ辰造の耳に入り、烈火の如く怒った辰造は子分の鉄火定に、菊男の指をツメさせろ、と命じた。しかし、人のいい鉄火定は、自分の指をツメて、その場をとりつくろった。それと前後して、辰造の妻浜枝と、市会議員藤木との情事が明るみに出た。辰造の怒りは、前にもまして凄かった。彼は浜枝をドスでたたき斬ろうとした。だが、菊男が身を挺して浜技を逃した。しかし、母の醜行を知った菊男は、絶望して家を飛出し、由利のバアを訪ねた。由利は、暖かく彼を迎えた。その由利も、菊男が今後の身の振り方を相談しに先輩のところへ出かけた後に、辰造と阿久津の対立の渦に捲き込まれ、阿久津側の拳銃に惨死してしまった。菊男の憤りは頂点に達した。彼は父親を殺そうと決意した。そして、辰造を待ち伏せてしているところへ、それより早く阿久津一家のものが、辰造に襲いかかった。暗夜の大乱闘の末、菊男が刺したのは、阿久津一家のジャックの六だった。翌朝、警察へ連行される菊男に、辰造は立派な古島の二代目が出来た、と喜ぶのであった。その喜びの言葉を空しく聞き流した菊男の眼に、由利の葬儀へのささやかな花輪が映った。−−強風は烈しく吹きまくって、今日もまた「パール街」には、暴力がわがもの顔に押通っている……。


解説

青山光二の原作を、「体の中を風が吹く」の松山善三と、「勢揃い桃色御殿」の鈴木兵吾が共同脚色し、「婦警日誌より 婦人科医の告白」の岩間鶴夫が監督した。撮影は同じく小杉正夫。主演は、「母と子の窓」の田村高広、「勢揃い桃色御殿」の小山明子、「暴力の波止場」の高野真二。ほかに、柳永二郎、水戸光子、宮城千賀子、信欣三、諸角啓二郎、山形勲、渡辺篤、宮口精二など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1957年07月09日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
田村高廣 (Takahiro Tamura)古島菊男
柳永二郎古島辰造
水戸光子古島浜技
小山明子 (Koyama Akiko)由利
本橋和子せつ子
川口のぶ亘理展子
宮城千賀子 (Chikako Miyagi)小椋茂登美
信欣三藤木弘
北竜二 (Ryuji Kita)佐々木弁護士
高野真二鉄火定
諸角啓二郎ハジキの常
福岡正剛バク松
園田健二メッカチの留
山形勲阿久津正武
宮口精二 (Seiji Miyaguchi)ジャックの六
山路義人文楽の勝
磯野秋雄タンクの秀
佐竹明夫峰岸
志賀真津子峰岸の妻
増田順二教授
渡辺篤コロッケ屋の新さん
稲川善一印刷屋の親爺
鬼笑介客の男
滝川美津枝おばはん
竹田法一かぶと山の貸元
小林十九二八百金
末永功酒屋
土田桂司乾分A
今井健太郎乾分B
小林和雄乾分C
奈良真養署長
井上正彦胴元
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック