素浪人忠弥

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

九州島原の乱の鎮圧軍に加わった丸橋忠弥は、縦横の働きをしたので、松平信綱は殊勲を賞でて彼を召し抱えようとしたが、忠弥はそれを断って山形の郷里へ引込んだ。時が変り、江戸に出て来た忠弥は、浅草舟川戸の侠客四郎兵衛に町道場を開かせて貰った。たまたま観梅の席で、旗本よしや組の大久保新太郎と四郎兵衛一家が、些細なことから争いを起し、白柄組の頭領水野十郎左衛門と忠弥との一騎討が始まった。しかしこの争いは由比正雪によって仲裁された。正雪は幕府顛覆をはかる一味に忠弥をさそったが、彼は再三の信綱の召抱えの話しと共に、がんとしてこれを拒みつづけた。慶安四年。三代将軍家光の死後、浪人府外追放の弾圧が始まった。忠弥は愛弟子半之亟を呼んで、郷里に引き上げる決意を告げる。しかし以外にも幕府は正雪一味と共に、忠弥召捕りを決定。これを知った忠弥は正雪一味に参加した。松平邸でこれを知った半之亟は、忠弥召捕りが決して信綱の本意ではないという事を知らせに走った。しかしながら忠弥は、自分はすでに謀叛人であると言って半之亟に耳をかそうとしなかった。やがて捕えられて、縛されたまま裸馬に乗せられ刑場に引かれて行く忠弥の顔は意外に明るかった。


解説

「修羅時鳥」の棚田吾郎のオリジナル・シナリオを「抜打ち浪人」の佐伯清が監督し、「大菩薩峠(1957)」の三木滋人が撮影した。主演は「大菩薩峠(1957)」の片岡千恵蔵「魔の紅蜥蜴」の大川恵子、岩井半四郎、「多情仏心」の三浦光子。ほかに坂東簑助、片岡栄二郎、沢村宗之助、原健策など。東映スコープで描く丸橋忠弥の半生記。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年08月20日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
片岡千恵蔵丸橋忠弥
片岡千恵蔵松平信綱
三浦光子 (Mitsuko Miura)ゆみ
植木千恵すず(幼少時代)
大川恵子すず
高松錦之助浜野宇右衛門
松浦築枝さい
原健策庄司源太兵衛
八代目坂東三津五郎 (Bando Mitsugoro VIII)由比正雪
沢田清熊谷三郎兵衛
上代悠司金井半兵衛
津村礼司吉田初右衛門
佐々木孝丸杉村頼母
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)村上半之丞
沢村宗之助放駒四郎兵衛
岩井半四郎大久保新太郎
加賀邦男水野十郎左衛門
尾上華丈 (Kajyo Onoe)石谷貞清
明石潮林道春
梅沢昇松倉長門守
熊谷武道具屋の亭主
有馬宏治道具屋の客
薄田研二酒井忠勝
堀正夫堀田正夫
富田仲次郎永井尚政
神田隆井伊直孝
星十郎浪人
時田一男放駒の乾分
光岡早苗湯女お園
月山路子お万
野崎邦江お国
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック