青い花の流れ

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

実の姉妹でいながら、類子が妹真子に敬遠されるのは、やくざの情夫葛井とのすさんだ生活のためだった。女子大生の真子は姉と別れ、女医蓉子の営む川路医院に身を寄せていた。そこへある晩、類子が転り込んで来た。葛井と縁を切るためだった。だが、それも束の間、類子は再び葛井に連れ戻された。その彼女が黒部峡谷で自殺を図ったという知らせに、真子は類子の初恋の人、古城と共に宇奈月温泉の病院に駈けつけた。古城は類子との結婚を真剣に考えていた。ところが、彼と真子の仲を葛井に揶揄され争となり、彼は真子を庇い葛井を倒したが、その際葛井のピストルで脚を射たれてしまった。−−退院した古城は葉山海岸の自宅で静養していたが、水泳好きの真子は彼の家を訪れるのが楽しみだった。彼女の古城を慕う心は燃えた。しかし、彼は類子に未練を残していた。その類子にある夜彼はバアでめぐり会った。彼女にはやくざ野本が新しく附まとっていた。良心の苛責に古城と顔を合わせられぬ類子は、バアを飛出したが、その行手に葛井が待ち構えていた。彼は仲間の金六十万円を使込んでいた。久しぶりの愛撫に、彼女は金の工面を托されたが、老獪な野本は葛井の存在を知り、直接やくざ同士の取引を行った。類子は六十万円で野本に買われた。しかし数日後、約束を破って葛井は彼女を奪還して逃げたものの、直ぐ野本に発見された。やくざの仁義で殺される筈の葛井は、その危機を巧みに逃れ、それから数力月後にいまは胸を冒され川路医院で療養している類子のところに忍んで来た。そして、真子を拳銃で脅し病院の大金を奪い、その上類子を連れ去った。だが、葛井の最後の日が来た。江東の一角の安宿にひそむ彼を警官隊が包囲した。観念した葛井は、類子を固く抱きしめると、彼女の絶叫をあとに戸外へ躍り出て、自ら拳銃でその命を絶った。


解説

舟橋聖一の長篇小説を「今日のいのち」の沢村勉が脚色した。監督は「花ふたたび」の原研吉、撮影は同じく森田俊保。主な出演者は「嵐の中の抱擁 おもかげ遥かなり」の岡田茉莉子、「抱かれた花嫁」の高橋真二、「悪魔の顔」の小山明子、柳永二郎。ほかに、渡辺文雄、宮城千賀子、須賀不二夫、木田勝二など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年09月08日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
岡田茉莉子 (Mariko Okada)宮原類子
小山明子 (Koyama Akiko)妹真子
高橋貞二葛井吉則
渡辺文雄古城泰介
柳永二郎駒木宝三
宮城千賀子 (Chikako Miyagi)川路蓉子
須賀不二男野本幹基
木田勝二岡部祥二
城谷皓治布川伸吾
小林和雄益田健
森川まさみマダム峯弥
槙芙佐子「新福井」の女将
水木涼子古城の伯母澄江
水上令子萩野看護婦
稲川善一此宮部長
土紀就一竹内教授
新島勉医師
寺岡孝二バーテン吉間
佐々木恒子女給早苗
南進一郎フロント・チーフ
日向三平ボーイ
川村耿平安旅館の番頭
島村俊雄「三辰館」の番頭
土田桂司刑事
今井健太郎警官
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック