黄金の伏魔殿

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

天保十四年初夏、江戸の両替商佐渡屋に強盗が入り、主人を殺し大量の千両箱を奪って去った。賊は和歌の下の句を彫った煙管を残したが、これの対の煙管を持つ勘定勝手方北条貢に嫌疑がかかり、目付権堂弥十郎の手引で、嫌疑を晴らすため江戸を脱走する。途中、腕に朱銭の刺青のある剣客に弥十郎は刺殺され、その子九馬之亟に親の仇と疑われ、狙われる身となった。妻の鶴江を残して娘菊乃と二人で越中に下る貢は、江戸の目明し亥之吉につけ狙われたり、代官所役人に追われて、勘定組頭小梨半兵衛に危難を救われたりしながら、越後国橋立鉱山に半兵衛と共に、採掘人となってまぎれこんだ。そこには勝手方藤懸左平太実は江戸市中を騒している朱墨子組一味も集結していた。貢ら二人は鉱山の洞窟深くに設けられた、小判改鋳場の金蔵に忍込んで、江戸各地で盗み出された小判を探し出した時、左平太一味に襲れて半兵衛は貢をかばって死んだ。貢は証拠の小判を持って一路江戸に向う途中、街道筋で九馬之亟や鶴江母子に巡りあったのも束の間、江戸に急がねばならなかった。舞台は江戸に移り、北条貢の出現に屋敷町は緊張した。その眼をくぐり、大目付神尾山城守の邸に忍び入り、証拠の小判と一通の建白書を差し出した。それには勘定奉行金座御金改役らの曲事が記されてあった。鶴江母子は左平太一味に捕えられ、谷中天王寺で処刑されるというその日、五重塔の一隅から二人の命を救けようと群る敵の中に躍り出たのは貢であった。−−証拠の品は建白書と共に大目付の手許まで届けられ、かくて朱墨子組の悪事露見、貢は青天白日の身となった。


解説

吉川英治の『有明無明』から「魔の紅蜥蜴」の加藤泰が脚色、「水戸黄門(1957)」の佐々木康が監督、「仇討崇禅寺馬場」の伊藤武夫が撮影した。主演は「水戸黄門(1957)」の市川右太衛門が「父子鷹」以来久々に北大路欣也と親子共演するほか、「水戸黄門(1957)」の長谷川裕見子、大河内傳次郎、「素浪人忠弥」の三浦光子、「阿波おどり 鳴門の海賊」の丘さとみ。ほかに坂東簑助、原健策、加賀邦男、阿部九洲男、徳大寺伸、字佐美諄、吉田義夫など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 
公式サイト公式サイトはこちら

1957年09月08日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門北条貢
北大路欣也 (Kinya Kitaoji)権堂九馬之丞
植木千恵北条菊乃
長谷川裕見子北条鶴江
宇佐美淳也権堂弥十郎
有馬宏治詫平
大河内傳次郎神尾山城守元孝
吉田義夫小梨半兵衛
原健策藤懸左平太
高松錦之助水野越前守忠邦
堀正夫戸川播麿守
八代目坂東三津五郎 (Bando Mitsugoro VIII)鳥居燿蔵
香川良介後藤三右衛門
阿部九洲男小原檀四郎
百々木直岩淵伝助
小田部通麿小田切一覚
団徳麿剃刀安
山内八郎草加の文六
三浦光子 (Mitsuko Miura)小町のお兼
国一太郎佐藤歓十郎
加賀邦男逆井雷助
徳大寺伸神明の亥之吉
沢田清佐々木剛一
加藤浩堀内久馬
明石潮水島潜庵
荒木忍教月
矢奈木邦二郎佐渡屋幸助
赤木春恵佐渡屋おのぶ
月山路子佐渡屋おひさ
丘郁夫佐渡屋佐助
丘さとみお夏
水野浩金菱作右衛門
山田光子おたか
大丸巌蝮の権太
吉田江利子竜巻お新
宮嶋智恵子およし
源八郎うるしや番頭
長田健二通行人A
東日出雄通行人B
熊谷武通行人C
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック