富士に立つ影(1957)

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

徳川十一代将軍家斉の頃幕府は富士の裾野に軍略の研究のための調練城を築くことを決定した。そこで当時築城学の双璧といわれた佐藤菊太郎、熊木伯典の二人に水野出羽守の名で築城軍師の地位を賭けた大問答を闘わせることになった。そのことを聞いた菊太郎の許婚お染は江戸から馳せ参じたが、花火の爆音によろめき猿谷へ落ち込んだ。それを見た伯典の手下三平は、お染を伯典の許へ運び込んだ。お染の腰元お藤から委細を聞いた菊太郎がそこへ駈けつけたが、お染は既に姿を消していた。築城問答の日、赤針流伯典と賛四流菊太郎は激しく論争し、用材運搬の牛車競べに秘策を賭して引き分けた。さて牛車競べの当日、賛四流の牛車に軍配が上ったのも束の間伯典の仕掛けた風穴が落盤して菊太郎は土中に生埋めとなってしまった。伯典は出羽守から富士調練城築城軍師の命を受けた。得意の伯典は男を皆築城工事に狩りたて、反抗する村民は斬って捨てるという暴虐ぶりを示した。一方菊太郎は村民達や逃げのびていたお染らの必死の救出により一命をとり止め石室にかくまわれていた。小姓として水野家に仕えてはいたが、菊太郎を尊敬する左之助もそこへ駈けつけた。菊太郎がお染達を連れて江戸へ発つ寸前、伯典一味に取り囲まれ、菊太郎は逃れたがお染達は捕えられ人柱に立たせられることになってしまった。そこへ病癒えた菊太郎が現われ、伯典一味に正義の刃を向けた。伯典は三平が悪用していた手裏剣に我が身を刺され、谷底深く落ちていった。ことに、築城問答は実を結ぶことなく富士の調練城も完成を見ずに終った。菊太郎とお染は富士の裾野を後にし、江戸に向うのだった。


解説

白井喬二の時代小説「富士に立つ影」の映画化。「少年探偵団・第一部 二十面相の復讐」の小川正が脚色、「黄金の伏魔殿」のコンビ佐々木康が監督、伊藤武夫が撮影した。主演は「黄金の伏魔殿」の市川右太衛門、北大路欣也の父子スターに、同じく長谷川裕見子、「ゆうれい船 (前篇)」「ゆうれい船 (後篇)」の丘さとみ、円山栄子、大河内傳次郎。ほかに桜町弘子、進藤英太郎など。


配給東映
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年10月29日より



スタッフ

監督
脚色
原作
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
市川右太衛門佐藤菊太郎
北大路欣也 (Kinya Kitaoji)玉置左之助
長谷川裕見子喜運川お染
吉田江利子お藤
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)玉置澪
山形勲玉置右内
松浦築枝玉置倉
進藤英太郎熊木伯典
北川功怪童三平
阿部九洲男大井厳流
関根英二郎剣客A
小田部通麿剣客B
加賀邦男水野出羽守
市川小太夫 (Kodayu Ichikawa)長坂洲蔵
小柴幹治 (Kanji Koshiba)鳥越久我仁郎
百々木直小田数兵衛
山手弘里村圭三郎
東日出雄番卒
伊東亮英泰右衛門
丘さとみお雪
丘郁夫常太
大河内傳次郎松斎
堺駿二竜吉
杉狂児銀作
渡辺篤平作
有馬宏治源六
円山栄子お六
里見浩太朗 (Kotaro Satomi)文六
小峰千代子旭蓮
長田健二吾平
源八郎名主
水野浩百姓
高松錦之助老人
山内八郎木樵
岸田一夫神主
北村曙美お秋
二条くるみお春
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック