忍術若衆 天馬小太郎

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

剣城の娘君の婚約御祝いの使者に、隣藩の将監は疾風之介を送り、火を放たせ、姫と財宝の所在を記した絵図を奪おうとした。甲賀で忍術修業を終えた小太郎は帰途、藤姫の一行を救った。彼らは姫の婚約者右京之亮の救いを待った。その夜、疾風之介の命で女忍者千草が藤姫の寝所に忍びこみ、絵図を奪おうとし、姫に化けた小太郎と術比べをやった末、逃げ去った。絵図の半分は十郎太に託され、右京之亮へ渡されるはずだったが、彼は殺され、絵図は敵に奪われた。藤姫一行は間道つたいに右京之亮のもとへ向ったが、敵に襲われた。しかし小太郎の働きと、その時現れた乞食侍大作の助けで何事もなかった。絵図を奪われたことを知った小太郎は将監の陣屋に忍びこんだが、千草と出会い、二度目の術比べとなった。絵図を奪い返したのも束の間、疾風之介の手下が姫の宿所に潜入し、彼女を拐っていった。折檻された姫は絵図の半分を発見された。疾風之介はうるさい将監を殺し、その罪を小太郎にかぶせた。彼が出現しなければ藤姫を殺すと布告した。その時刻に姫を救おうと駈けつけた小太郎をまた千草がさえぎった。三度目の争い。その二人を、疾風之介の部下の矢が襲った。彼の奸計に気づいた千草は小太郎を助けて姫を救った。が、三人を種ケ島の銃口が狙っていた。姫の命が惜しければ絵図を捨てよ。小太郎が投げ出した絵図を拾ったのは大作だった。大作はたちまち鉄砲組を斬りふせ、小太郎らの助けで疾風之介をたおした。−−大作こと実は右京之亮と藤姫の駕篭を、小太郎と千草は峠に立って、いつまでも見送った。


解説

渡辺昭洋のオリジナル・シナリオを「狙われた土曜日」の天野信が監督、「赤胴鈴之助 新月塔の妖鬼」の今井ひろしが撮影した忍術時代劇。主演は「赤胴鈴之助 新月塔の妖鬼」の梅若正二、中村玉緒、それに若松和子、舟木洋一、杉山昌三九など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年10月29日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
梅若正二天馬小太郎
中村玉緒 (Nakamura Tamao)藤姫
若松和子千草
舟木洋一大作
杉山昌三九団疾風之介
浜田雄史林十郎太
荒木忍大鷹将監
南部彰三山田彦右衛門
尾上栄五郎玄達
鳥居香月子萩乃
高倉一郎源太
五代千太郎左平次
玉置一恵軍太夫
藤川準東馬
郷登志彦甚内
岩田正番士
大国八郎夜番
神田耕二馬子
大林一夫虚無僧
真風圭子早苗
橘公子つた枝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック