肉体の悪夢

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

精悍な体つきの大島麟太郎は、貿易商を看板に悪事を働くボスの水戸から保釈金をうけて仮出所した。水戸は大島の腕力に目をつけ、対立する東亜組の襲撃を防ぎ、自らの仕事の用心棒にと大島を引き抜いたのだ。その頃、土建会社の若社長黒田清隆は、持病の胃痙攣の発作によってかけ込んだ病院で手あてをうけたインターン石川芙美を知り、芙美も母や姉の妾生活から逃れたいと思っていた矢先だったので、二人はひかれるようになった。たまたま水戸の経営するバー「ボスコウ」に二人が立寄った時、東亜組と大島の喧嘩がおき、黒田が大島に加勢したことから、彼等もまた知り合うようになった。その後芙美は母の情夫に犯されたことから進んで黒田と同棲するようになり、しばらく楽しい日を送ったが、黒田は持病に苦しんで麻薬を使ったことから、次第にこの薬のとりことなり、芙美も悪いと知りつつ薬を求めて危険を犯すようになった。そこで水戸は彼女を使い、麻薬の販路を拡張しようとするが、彼女の拒絶にあい、秘密を知られた以上は、と殺害計画をたてる。それを知らぬ黒田と芙美は、山奥の温泉に行き、麻薬をやめて再出発を誓ったが、そこに現われた水戸により、逃れられぬ危地におとし入れられる。そこへ突然大島の笑声が聞えて来た。彼こそ、実は水戸の身辺を洗うために派遣された海上保安官だったのだ。立場の逆転した水戸は死物狂いの抵抗をしたが、すでに警官は彼の周囲をとりまいていた。黒田と芙美は、会心の笑みを洩す大島に再生を誓った。


解説

「狂った関係」の共同脚色者の一人、陶山鉄の原作・脚本を「肉体の反抗」の野口博志が監督、「十七才の抵抗」の永塚一栄が撮影した。主演は「肉体の反抗」の筑波久子、「素足の娘」の大坂志郎、「月下の若武者」の水島道太郎、「高校四年」の三島耕。


配給日活
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年11月17日より



スタッフ

監督
脚色
原作
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
水島道太郎大島麟太郎
筑波久子 (Hisako Tsukuba)石川芙美
大坂志郎黒田清隆
三島耕上田淳
雪岡純松本正平
渡のり子マダム美耶
月玲子牧野篤子
美川陽一郎水戸(竜徳元)
神山勝秘書の西
高瀬将敏用心棒の泰
瀬山孝司乾分A
水谷謙之乾分B
英原穣二乾分C
伊藤寿章株屋の須藤
藤代鮎子芙美の母琴
山田美智子芙美の姉みゆき
浦島久恵芙美の姉千里
弘松三郎小柳専務
相馬幸子黒田の母
伊丹慶治荒井班長
宮原徳平宮崎次長
長弘山村保安官
山田禅二伊沢弁護士
雨宮節子看護婦藤林
二階堂郁夫東亜組虎
黒田剛東亜組亀
青木富夫 (Tomio Aoki)愚連隊の信
須藤孝白バイの警官
所寿子見習看護婦の清チャン
水木京一温泉旅館番頭
二木草之助駐在の老警官
八代康二料亭に来る刑事
島村謙二山小屋に来る刑事
宮川敏彦黒田の弟の大学生
沢本忠雄黒田の弟の高校生
三沢孝子黒田の妹の女子高校生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック