恋して愛して喧嘩して

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

世はまさに自動車時代?産婦人科医たけ子の一人娘広子は友人の和子らとドライブし、R大生木々次郎らと知りあった。次郎の家は玩具問屋だが、貸金のカタにシボレーをあずかった。父の木々は運転を習おうと教習所に通いはじめた。たけ子も友人片桐のすすめで、車を買う気になり教習所へ入った。そこで二人は喧嘩相手みたいになった。たけ子は試験に及第したが、木々は落第した。そんなときに、広子に外科医時枝との縁談が持ち上った。その見合をスッポかした広子は、親友三村とアルバイトで楽団に出ている次郎に会った。二度目にもスッポカして次郎に会っていると、当の相手時枝に出あい、交際を求められた。が、広子はだんだん次郎が好きになった。次郎も……。木々の家は黒字倒産し、シボレーはブローカーの手で廻り廻ってたけ子の手に入った。問題の時枝から求婚された広子は次郎に相談したが、無駄だった。家の倒産を三村からきき、広子は玩具のタタキ売りをしている次郎のところへ駈けつけた。二人は和解し、恋を打明け合う。たけ子の車は木々の差し押え物件だったため、問題が起り、怒ったたけ子が木々らを乗せ警察へ行く途中、電柱にぶつけ、車は大破した。病院で二人はますますいがみ合う。見舞いにきた広子と次郎はお互いの親を始めて知ったが、時枝が見舞いにきたので、彼らも喧嘩してしまった。その夜、木々とにらみあいながら退院したたけ子に、家で広子は時枝との結婚を承諾した。広子は次郎とのことを半ばあきらめていたのだ。木々一家は家を売り、一時田舎へ引っこむことになった。次郎は父からシボレーの代金を借り、たけ子の家にとどけ、広子のことをあきらめようと田舎へ発った。それを三村から聞いた広子は時枝との婚約を解消し、母に木々へ金を返させ、次郎のあとを追って行った。


解説

「体の中を風が吹く」の川頭義郎と「黒い河」の松山善三の共同シナリオを川頭義郎が監督した諷刺コメディ。撮影は「体の中を風が吹く」の荒野諒一。主演は、「森繁の僕は美容師」の中村メイコ、「異母兄弟」の南原伸二、「逃げだした縁談」の田浦正巳、沢村貞子、川口のぶ。ほかに朝丘雪路、多々良純、片山明彦など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年11月03日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
沢村貞子笹尾たけ子
中村メイコ (Meiko_Nakamura)娘広子
多々良純木々猛男
桜むつ子妻千代子
田浦正巳息子次郎
飯田蝶子祖母
南原伸二時枝史郎
山内明石川五郎
片山明彦三村肇
朝丘雪路毛利和子
川口のぶ菊岡万里
清川虹子 (Nijiko Kiyokawa)片桐女史
由利徹正田執達吏
八波むと志星川ブローカー
南利昭太ったブローカー
高屋朗青山ブローカー
伴淳三郎自動車教習所教師
初代林家三平若い夫
坂本武石川の主人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック