危し!伊達六十二万石

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

奥州仙台六十二万石の城主伊達綱宗は、江戸の屋敷にあって乱行をつづけ、分家の伊達兵部、江戸家老原田甲斐等の策謀によってそれがますます激しくなって行く。老臣伊達安芸は、彼ら奸臣をのぞき、御家の危機を救うため、白河主殿、松前鉄之助を江戸に放った。その間に甲斐から流用された大金一万両で、遊女高尾を身請けしようとし、拒絶された高尾を切った綱宗の乱行はひどくなるばかり。甲斐を信用して綱宗諌言に参上した主殿は、曲者に殺害されてしまった。明けて万治三年、綱宗は不行跡によって隠居を命じられ、幼少の亀千代が家督を相続、伊達兵部が後見役、鉄之助と殺された主殿の妻浅岡、その子千代松が側近に侍ることとなった。だが、甲斐はその時いよいよ本性をあらわし、伊達兵部の子市正を当主に迎えるべく、兵部、大老雅楽頭と計って亀千代毒殺を行おうとする。膳部に毒を盛ったが鉄之助の発見によって果さず、届けられた菓子折は千代松が身代りに食べて死んだ。安芸、鉄之助はいよいよ実力で奸臣をのぞこうと、老中内膳正に兵部と甲斐の横暴逆意を訴えた。たちまち起る両者の大論争。甲斐の弁舌、雅楽頭の審理引延ばしなど、確固たる証拠もあがらぬまま、訴状は危うく却下されようとした。が、鉄之助が単身原田邸に忍び込んで手に込れた一味の連判状が呈出され甲斐も返す言葉がなかった。彼は安芸を別室に呼んで斬りつけたが、乱闘の末、鉄之助は甲斐を倒した。


解説

「幽霊沼の黄金」のコンビ三村伸太郎の脚本により山田達雄が監督した、いわゆる伊達騒動を取上げた時代活劇。撮影も同じく「幽霊沼の黄金」の河崎喜久三。主演は「修羅八荒(1957)」の嵐寛寿郎、「鏡山誉の女仇討」の日比野恵子、「妖蛇荘の魔王」の明智十三郎、それに中村竜三郎、高田稔、沼田曜一、市川門三郎、北沢典子など。


配給新東宝
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年12月03日より



スタッフ

監督
脚本
企画
製作
撮影
美術
音楽
録音
照明

キャスト

俳優名役名
嵐寛寿郎原田甲斐
中村竜三郎伊達綱宗
太田博之亀千代
並木一路伊達兵部
高田稔伊達安芸
沼田曜一白河主殿
日比野恵子浅岡
武村明白河主馬
明智十三郎松前鉄之助
市川門三郎片倉小十郎
高松政雄松島屋伝右衛門
北沢典子娘お糸
魚住純子遊女高尾
松本朝夫島田重三郎
沢井三郎渡辺金兵衛
広瀬康治今村善太夫
高村洋三菅野小助
芝田新奥医師道益
池月正汐沢丹三郎
清水将夫酒井雅楽頭
中山昭二板倉内膳正
三原純稲葉美濃守
国創典近江屋半四郎
市川升丸浅岡の子千代松
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック