恋風道中

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

真昼の街道で、二六の長吉と髯の権次は女連れの武士から、まんまと八十両せしめた。岡ッ引の早縄の半五郎が駈けつけたときには、もうどこかに逃げてしまったあとだった。根は善人の二人は、宿で隣あったお初父娘の身売話をきいて、八十両全部やってしまう。一文なしの二人は得意の「二六の丁」でイカサマ博奕を打ち、しこたまもうけたのも束の間イカサマがばれそうになって、ほうほうの体で逃げだした。豪商近江屋の娘お美代は手代新助との仲をさかれて、女中のお清と家出をした。ところが街道で番頭の喜助に会い、附近の納屋に逃げこんだ。そこには半五郎に追われて、長吉と権次が隠れていた。その後、長吉は街道を通りかかった旅芸人の一座の中に、天城の山賊五郎丸一味がいることをみつけた。長吉たちは旅芸人の苦境を助けるために、山賊の本拠に乗りこんだ。そこにはお美代たち、シビレ薬をのまされた半五郎が捕えられていた。危機一発、長吉の活躍で無事にみんなを助け出すことが出来た。舞台は江戸へ−−ある日、偶然に半五郎は新助と喜助が近江屋を乗っとる相談を耳にした。一方長吉と権次はカゴ屋をしていた。新助は相棒の喜助を殺し川につきおとして、一人で近江屋に帰って、お美代を強引にくどいた。そこに長吉が来あわせて、お美代を助け、半五郎は新助を喜助殺しで捕えた。今は長吉を慕うお美代の頼みもあり、長吉は父親の徳兵衛から、近江屋の後継ぎにと頼まれた。なんでも承知の半五郎は、笑顔でお美代と長吉を旅におくりだしてやった。その後からは権次とお清の一組もついていった。


解説

「鳳城の花嫁」の中山文夫の脚本を「ゆうれい船」のコンビ、松田定次が監督、川崎新太郎が撮影した明朗時代劇。主演は、「ゆうれい船」の中村錦之助、「黄金の伏魔殿」の長谷川裕見子「若さま侍捕物帳 鮮血の人魚」の大川恵子、「水戸黄門(1957)」の桜町弘子。ほかに「青い海原」の春日八郎、それに大河内傳次郎、山茶花究など。


配給
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年11月10日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
萬屋錦之介 (Kinnosuke Yorozuya)二六の長吉
田中春男髯の権次
大河内傳次郎早縄の半五郎
進藤英太郎近江屋徳兵衛
長谷川裕見子お美代
大川恵子お清
徳大寺伸新助
中村幸吉庄助
山茶花究喜助
三島雅夫大野備後
吉野登洋子お春
桜町弘子 (Hiroko Sakuramachi)お島
竹原秀子お米
山形勲天城の五郎丸
中村時之介熊八
五里兵太郎弥次郎
星十郎黒助
中野文男三郎太
国一太郎平九郎
伊東亮英女衒の弥七
左卜全吾平
春日八郎飴屋の春吉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック