竜虎捕物陣一番手柄 百万両秘面

上映スケジュールはコチラ!

※ストーリーには結末の記載を含むものもありますのでご注意ください。

ストーリー

病気の父次郎左を案じながら夜道を急ぐ武家娘お園は、何者かに追われるお高祖頭巾の女から「東」と彫られた曰くあり気な般若の面を託され、この包を目当とする頬かむりの男に襲われたところを、大目付奥村好左衛門を叔父にもつ早川竜太郎に救われた。その夜お園の父は「般若の面」と一言して何者かに殺され、さる旗本屋敷からは般若の面が消えていた。事件糾明に乗り出した早川竜太郎は、次郎左の日誌から、東西南北と記した四枚の般若の面に江戸城の間道地図が彫られていること、幕府顛覆を図る者が、この地図を探していること等を知った。それからというもの、竜太郎と弟分虎吉の周囲には様々な脅迫がまい込み、竜太郎一団の曲者に襲われた。それをけちらした竜太郎は、逃れる賊の一隊を虎吉によって追わせたところ、悪旗本清水玄山の家来とわかった。玄山は両替家十兵衛と計り、この秘面を盗み出すため、次々と人を殺していたのである。十兵衛は自ら北の面をもち次郎左から西の面を奪い、暗闇坂のある旗本から南の面を盗もうとして、清水玄山の横槍から果せず、遂に協定を結んでいたのである。その時島津家の忍びの使が、秘面を百万両で譲渡してほしいと訪れた。二人が歓喜したのも一瞬、忍びの使は早川竜太郎、邸の外は大目付奥村好左衛門率いる捕手の一団によってとりまかれていた。


解説

伏見扇太郎主演の明朗捕物シリーズの第一篇。「佐々木小次郎 (前篇)(1957)」の結束信二の脚本を「満月乙女笠」のコンビ、内出好吉が監督、松井鴻が撮影した。主演は、「若さま侍捕物手帳 鮮血の人魚」の伏見扇太郎、「鬼面竜騎隊」の尾上鯉之助、円山栄子、星美智子、久方ぶりの喜多川千鶴。


配給東映
制作国日本 (1957)
ジャンル 

1957年12月01日より



スタッフ

監督
脚本
企画
撮影
美術
音楽
録音
照明
編集

キャスト

俳優名役名
伏見扇太郎早川竜太郎
尾上鯉之助十文字虎吉
薄田研二奥村好左衛門
円山栄子お園
星美智子お栄
矢奈木邦二郎竹尾次郎左
吉田義夫国分屋十兵衛
喜多川千鶴夜嵐のおもん
片岡栄二郎 (Eijiro Kataoka)銀狐の伝吉
松浦築枝八重
佐々木孝丸清水玄山
時田一男銅吉
香月凉三達造
中野文男川村文五郎
智村清赤井彦八
大丸巌小山田源内
加藤浩桜田勘兵衛
宮崎照男三太
中村時之介丸南屋六右衛門
川上賢二大場四郎
牧宏樹弥平
五条恵子おさき
赤木春恵長屋の女A
千舟しづか長屋の女B
源八郎樋六
小田真士伊藤又五郎配下
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • チェック